熊本県発行のメールマガジン:とっておきの情報満載!
第400号 2009年2月26日
トップへ戻るバックナンバーを見る気になる!くまもとって何?
「点訳本で結ぶ福祉活動の輪」
点訳ボランティア「ななほし会」 前田司さん(熊本市)
前田さん
県立盲学校の教職を定年退職し、現在は鍼灸(しんきゅう)院を営みながら、「ななほし会」の活動にいそしんでいる。
製本機を操作する前田さん 製本機イメージ
パソコンや点訳専用プリンター、電子メール通信などの操作を難なく使いこなす前田さん。
年間約10冊の書籍を点訳する忙しい毎日だ。
製本されたのは、マリー・ハムズン作・石井桃子訳の「小さい牛追い」。ノルウェーの農場に住む4人兄弟が主人公の物語。素朴な日常生活と、動物との触れ合いが描かれた児童書の名作だ。
 点字の普及活動に取り組んでいる「ななほし会」は、昭和51年(1976)に熊本市に生まれたボランティアグループです。
 「ななほし会」とは、点字を記するのに必要な点の数「6」に、活動を支える人たちの“善意”「1」を足し、“7つの星”にたとえて名付けられました。現在約50人の会員が、月2回の例会で点訳勉強会を行い、書籍を点訳・製本し、図書館などへ寄贈しています。
 代表で熊本県立盲学校で教諭の前田司さんは、30年以上にわたり熊本の福祉を支えてきました。
 前田さん自身も視覚障がいがあり、視力はわずかだと語ります。盲学校に勤務していた時に点訳の講師を依頼されたことをきっかけに、有志で「ななほし会」を立ち上げました。「人手と設備は決して十分ではありませんでしたが、福祉団体の協力や、企業からの点訳機材などの寄付のおかげで、ここまで来れました」。どんなときも感謝の気持ちを忘れない前田さんの周りには、自然と多くの人々が集います。「活動を大変だと思ったことはありません。『ななほし会』に来ると仲間に会えるし、元気になれます」。活気にあふれる老若男女のボランティア会員もまた、前田さんと同じ思いです。
 点訳できる数には限界があります。「もっといろんな本が読みたか。もっと勉強したか」という盲学校の生徒たちの願いは、前田さんの願いでもありました。そこで、一冊でも多くの書物を送り出すために点訳者を育成しようと「ななほし会」での「点訳教室」開催を決意したのです。
 当時、コンピューターの点訳ソフトが開発され、すべて手作業で行っていた点訳は自動変換できるようになりました。しかし、「点訳教室」を行おうにも、前田さん自身がコンピューター操作をマスターしなければなりません。仕事が終わってから始まる新たな勉強の時間。「待っている人たちに本を届けたい」という一心で不慣れなコンピューターに向かう日々が続きました。あれから30年、今では受講生も増え、多くの書籍を待ち望む人々に届けることができるようになり、忙しい毎日を送っている前田さん。「完成した本を届けると、みんなとても喜んでくれる。それがうれしくて、どんな苦労も吹き飛んでしまうんですよ」とほほ笑みます。
 ユニバーサル社会への取り組みが加速する今だからこそ、多くの人材が求められていると考える前田さん。「点訳教室」の受講生の多くは、「ななほし会」のスタッフとして活動を支えるほか、さまざまな形で地域に貢献しています。「点訳の活動が、障がいを知る“窓口”になり、障がい者と健常者が分かり合える機会を増やしたい。人と人の関係は障がいの有無にかかわらず、まずお互いを知ることから始まるのです」。静かに語る前田さんの手には、点訳されるのを待つ本が携えられています。
点訳された1Pイメージ 手動式点訳作業イメージ
データを入力し、保存しておけば、点訳専用プリンターで何枚でも印刷することが可能になった。以前は1字訂正するために、1ページすべてを打ち直さなければならなかった。 「今もこうした手作業で点訳することはありますよ」。手動の点訳機で“あ・い・う・・・”と点字を打ち、工程を説明する前田さん。手作業の膨大な作業量がうかがえる。
前田司さんのお薦め情報
「ななほし会」
おすすめ情報
熊本市神水町のルーテル会館で点訳ボランティア活動を続ける「ななほし会」に参加してみませんか。毎月第1・3金曜の例会ほか、毎年9〜12月には、点字の基礎からパソコンを用いた点訳を学ぶ「点訳教室」を開催しています。ボランティアに興味のある方、気軽にお問い合わせください。

熊本市神水1丁目14−1
TEL 096−381−3989
電子メール ok@nanahosi.nanoyo.com
HP http://nanahosi.nanoyo.com/



プロフィール前田 司

昭和9年(1934)熊本県出身。74歳。同51年(1976)「熊本県立盲学校」教諭時代に点訳教室の講師を担当したことがきっかけで「ななほし会」の創立メンバーとなる。以後、教職と並行して、点訳業・点訳者育成を中心としたボランティア活動を続ける。同校を定年退職後も、「ななほし会」の運営を支え、熊本の社会福祉に貢献。
【連絡先】 前田 司
 熊本市東野2丁目14−4
 TEL/FAX 096−369−0017
〒862−8570 熊本県熊本市水前寺6丁目18番1号 熊本県広報課
TEL(096)333−2027 FAX(096)386−2040
電子メールアドレス kouhou@pref.kumamoto.lg.jp
※掲載記事、写真、コンテンツなど無断での使用、転載を固く禁じます
※このサイトへのリンクに関しては、悪意によるものを除きご自由に設定できますが、フレーム内 に取り込む形でのリンクは固く禁じます。
 
メールマガジン無料登録
くまもと元気モン!
くまもと食の風物詩
県庁ってなんばしよっと課な?
掲載記事のバックナンバー
読者のコラ気になるばい!
メルマガ新規登録プレゼント
新規登録いただいた方に、抽選で熊本の特産品などをプレゼント!
アンケート
壁紙プレゼント
登録すると、空から見た熊本の風景をダウンロードできます。
熊本県人会情報
[ リンク ]
熊本県インターネット放送局-
KIBS

熊本県ホームページ
熊本県観光総合サイト
県民生活総合サイト
熊本いいねっと!
企画・発行:熊本県広報課  運営:株式会社カラーズプランニング  ©2008 Kumamoto Prefecture. All rights reserved. 利用条件とプライバシーについて