熊本県発行のメールマガジン:とっておきの情報満載!
第401号 2009年3月5日
トップへ戻るバックナンバーを見る気になる!くまもとって何?
「プロだからできる地域貢献 サッカーが広げる新コミュニティー」
プロサッカーチーム「ロアッソ熊本」(熊本市)
試合風景
今シーズンの開幕戦は3月8日(日)、「KKWING/熊本県民総合運動公園陸上競技場」でスタートする。対戦相手は「ザスパ草津」。51試合という長丁場のシーズンが始まる。
ファンとのふれあいイメージ 少年サッカー育成部イメージ
「ロアッソ熊本」のイベントには、多くの老若男女が集まる。サッカーファンだけではなく、ファミリーや中高年世代へ向けた楽しいイベントも企画中。 あこがれの選手とプレーできた喜びは、成長していく子どもたちに勇気を与え続けていく。「思いやりのある豊かな心を育てる」ことは「ロアッソ熊本」少年サッカー育成部の方針。
  平成19年(2008)、念願のJ2リーグ昇格を果たした「ロアッソ熊本」。「ロッソ熊本」時代からチームと共に戦い、支えてきたサポーターたちにとって、夢に描いたJリーグチームの誕生でした。“わが町のプロサッカークラブ”として、熊本の人々の期待と声援を一身に背負う「ロアッソ熊本」は、そんなサポーターたちの思いに応えようと、さらなる高みを目指すとともに、サッカー教室などの地域貢献活動や新たなコミュニティーづくりにも取り組んでいます。
 厳しいプロスポーツの世界に生きる選手にとって、試合や練習の合間に、地域貢献活動を行うことは容易ではありません。しかし、それを支えるのはサッカーへの思い。プロも子どもも同じ“サッカー好き”の一人の人間として向き合えることが、選手たちを駆り立てます。「ファンと同じフィールドに立つと、年齢を超えて“仲間”になれるんです。楽しさや喜びを分かち合えるのがうれしいですね」と語る“ロアッソ”の選手。ボールを追い駆け、必死に食らい付く子どもたちの情熱は、それを受け止める選手の活力源になっているのです。「指導した子どもたちが試合に来て応援してくれたり、ボランティアでチケットのもぎりやスタンドの清掃をしている姿を見ると、熱いものが込み上げてきます。負けられん、と思いますね」。
 広報を担当する岩水香織さんは、「わたしたちは、プロサッカークラブチームであると同時に、地域に根差したスポーツクラブとして、地元の人たちと共に発展すること。そして、子どもたちに夢と感動を、地域に誇りと感動を与えることを目標に活動しているんですよ」と語ります。その取り組みの一つが、法務省が主唱する「社会を明るくする運動」への参加です。「ロアッソ熊本」では、現役選手が指導する「サッカー教室」を開催。プロの技を学ぼうと、地元サッカークラブに所属する中学生たちが50〜70人も詰め掛けます。あこがれの選手のアドバイスや華麗なテクニックに、子どもたちの歓声が上がります。こうしてサッカーに親しみ、技術の向上を図ることが、未来の熊本のサッカー文化の底上げにつながることは、言うまでもありません。発足当時から続けている地道な取り組みが評価され、昨年、法務省から感謝状を受けました。ほかにも、幼稚園の巡回指導訪問「キッズキャラバン」を独自に行い、性別や経験に関係なく、運動する楽しさを伝えようと、選手やスタッフが指導を続けています。「ボール遊びの面白さを学べる」と、園児や保護者からの評判も上々です。
 JFL時代から地道に続けてきた「子どもたちの体力向上や心の成長に役立ち、ファンと、“より深い絆(きずな)”をつくりたい」という「ロアッソ熊本」の活動の輪は、クラブの昇格と共に大きく育っています。サポーター同士が県を超えて同好会を形成したり、サッカーに興味を持った人が、ボランティアスタッフに参加するケースも増えてきました。「ロアッソ熊本」が目指す熊本のサッカー文化の定着と、新しいコミュニティーは着実に実現しています。
 3月8日(日)から今シーズンのリーグ戦が開幕します。「今年もファンの期待に応えよう」と、選手たちの気合いも十分。今年、J2リーグ上位を目指す「ロアッソ熊本」のチャレンジ魂は、ピッチの内外で熱く燃え上がっています。
サポーターイメージ ユースチームのメンバーイメージ
スタンドをクラブカラーの「赤」一色に染めて応援するサポーター。昨年来場したサポーターは、1試合当たり5,200人以上にも上る。地元スタンドで応援する醍醐味(だいごみ)は、ホームチームならではのもの。 「ロアッソ熊本」のジュニアユース・ユースチームには、中学生45人、高校生13人の選手が登録し、日々練習を重ねている。将来、プロとして活躍が期待されるメンバーがそろっている。
前田司さんのお薦め情報
「ロアッソ熊本」2009シーズンファンクラブ
「ロアッソ熊本」の皆さんのお薦め情報
「ロアッソ熊本」では、ファンクラブ会員を募集中です。入会者には、ホームゲーム招待券や会員限定イベントなどの特典があります。また試合会場では、選手によるサイン会が行われるほか、熊本名物「あか牛」や「馬肉」を使ったハンバーガーやコロッケが並ぶ限定グルメコーナーも人気。“ロアッソ”をもっと身近で応援しませんか。

■株式会社アスリートクラブ熊本
熊本市東町3−3−3
TEL 096−283−1200
FAX 096−283−1300 
※火〜土曜のみ9:00〜17:00受付
HP http://roasso-k.com/supporters_club.htm



プロフィールロアッソ熊本

「熊本にJリーグチームを」と、平成16年(2004)9月に県民運動推進本部が立ち上げられ、12月に運営母体の株式会社「アスリートクラブ熊本」を設立。翌年、「ロッソ熊本」を編成し、第33回「九州サッカーリーグ」や第41回「全国社会人サッカー選手権」などで優勝、JFLへ昇格。同18年(2006)にJリーグ準加盟クラブの承認および同年JFL2位、同20年(2008)にJ2リーグへの入会の承認を得る。J2リーグ入会に当たり、クラブ名を「ロアッソ熊本」へ変更。12位でシーズンを終える。今年はさらなる躍進をファンに誓い、4年後のJ1リーグ参入を目指し活動を展開する。
【連絡先】 株式会社アスリートクラブ熊本
 熊本市東町3−3−3
 TEL 096−283−1200
 FAX 096−283−1300
 HP http://roasso-k.com
〒862−8570 熊本県熊本市水前寺6丁目18番1号 熊本県広報課
TEL(096)333−2027 FAX(096)386−2040
電子メールアドレス kouhou@pref.kumamoto.lg.jp
※掲載記事、写真、コンテンツなど無断での使用、転載を固く禁じます
※このサイトへのリンクに関しては、悪意によるものを除きご自由に設定できますが、フレーム内 に取り込む形でのリンクは固く禁じます。
 
メールマガジン無料登録
くまもと元気モン!
くまもと食の風物詩
県庁ってなんばしよっと課な?
掲載記事のバックナンバー
読者のコラ気になるばい!
メルマガ新規登録プレゼント
新規登録いただいた方に、抽選で熊本の特産品などをプレゼント!
アンケート
壁紙プレゼント
登録すると、空から見た熊本の風景をダウンロードできます。
熊本県人会情報
[ リンク ]
熊本県インターネット放送局-
KIBS

熊本県ホームページ
熊本県観光総合サイト
県民生活総合サイト
熊本いいねっと!
企画・発行:熊本県広報課  運営:株式会社カラーズプランニング  ©2008 Kumamoto Prefecture. All rights reserved. 利用条件とプライバシーについて