天草の人の温かさと 優しさに支えられて夢を実現
 荒毛俊哉(あらけ としや)さん・君代(きみよ)さん
cap01

天草は海だけでなく、緑も豊か。稲も元気にグングン成長中!

 天草市有明(ありあけ)町に、荒毛俊哉さん・君代さんご夫妻が移住してきたのは今から3年前。それまで、俊哉さんの仕事の関係で各地を転々としていた二人に転機が訪れたのは、東京で勤務していたときのことでした。毎日満員電車に揺られ、激務に追われる都会での生活に、「ゆっくりとした、充実した暮らしがしたい」と俊哉さんは早期退職を決意し、数年前に土地を購入し住居も建てていた、現在の住まいに定住することを決めたのです。

cap02

タマネギもトラックいっぱいに収穫!収穫したスナップエンドウやラディッシュなどは、荒毛さんご夫妻が運営するカフェのメニューでいただける。

 もともと熊本県出身の荒毛さんご夫妻ですが、特に天草に親戚がいるとか、思い入れがあるというわけではありませんでした。「今思うと、何か引き寄せるものがあったのかもしれませんね」と君代さん。転勤の関係で“故郷”と呼べる場所がなかった子どもたちに、“故郷”を作ってあげよう、と土地を探しているときに新聞広告に出されていたのがこの土地でした。「ここを見つけるまでに、熊本以外でもいろいろな土地を見てきました。海に近いところや、山に近いところ。でもなかなか思い描く理想の土地に出合えませんでした。そんな中で出合ったのがここ。海も近くて、緑にも囲まれている。まさに理想の土地でした」。

cap03

夢だったブルーベリーの栽培。年々収穫量が増えていくのも喜びの一つ。

 定住後は、農業をやっていこうと思っていた俊哉さん。君代さんも「土いじりが好きで、昔から家庭菜園が趣味でした。ずっとブルーベリーを育ててみたくて、それを実現させようと思ったんです」と話します。
 ブルーベリーは、それまで天草で栽培されていなかったため、「育てたい」という二人に対して、地元の人々は「無理ですよ」と返事をするだけ。それでも、二人は諦めませんでした。その熱意を見て協力してくれたのが、須子(すじ)地区の振興会会長・川口さん。農業のことなら何でも知っているという川口さんの協力もあり、ひとまず土地を借りることはできました。しかしそこは、荒れ放題の土地だったのです。二人の挑戦は土地作りから始まりました。

cap04

荒毛さんご夫妻と川口さん。農業のことなら何でも答えてくれる川口さんは、まさに“先生”!

 「土地は草ぼうぼうで、こんなに太い木も生えていたんです」と身ぶりを混じえて当時を振り返る君代さん。来る日も来る日も、一日中雑草を抜いたり、木を切ったり・・・。初めは二人で作業していましたが、次第に近所の人も手伝ってくれるようになりました。土地作りに約半年。決して楽なことではありませんでしたが、思いがけずうれしい出来事もありました。二人の姿を見た周りの人々が、他の休耕地の整備を始めたのです。それまでうっそうと生い茂っていた草木が取り除かれ、薄暗かった山が明るくなっていきました。荒毛さん夫婦の行動が、地元の人々の心を動かしたのです。

cap05

カフェの店名の由来になった小麦「ミナミノカオリ」。

 現在は、ブルーベリー、米、麦、シイタケ、タマネギ…と季節に応じた野菜を栽培し、収穫したものは直売所で販売しています。また昨年からは、上天草市にある「フィッシャリーナ天草」で、土・日曜、祝日、夏季限定オープンのカフェレストラン「南のかおり」の運営を始めました。「はじめはカフェをするつもりはありませんでしたが、空いているレストランがあるから、という話を聞いて面白いかもしれないと思ったんです。自分たちができる範囲で、畑の管理にも余裕のある、夏の間限定で運営していくことにしました」と俊哉さん。フードコーディネーターの資格を持つ君代さんが、自分たちで栽培したものや、地元の食材を用いて腕を振るい、話題を集めています。

cap06

カフェでは君代さんの手作り料理が振る舞われる。野菜もたっぷり。二人が育てたブルーベリーを使ったデザートは優しい味。

 「いろいろな土地で生活してきましたが、今が一番充実しています。お互いが作っている野菜を物々交換したり、昔ながらの冠婚葬祭のしきたりが残っていたりと、小さな集落ならではの暮らしぶりや文化が懐かしくもあり、新鮮です」と君代さん。初めは気候や環境の良さで選んだこの場所は、人の温かさにあふれた場所でもありました。「自分たちの思いに対して協力してくれる人がたくさんみつかる。やりたいと思ったことを誰かに話すと、実現できてしまうんですよ」と話す荒毛さんご夫妻。その笑顔に、天草の人の温かさに支えられているという喜びがにじみ出ていました。

過去記事一覧

ILOVE くまもと

2012.03.22更新

“縁”に感謝 南関町で過ごす日常が私の原動力 NEW!

稗島寛浩(ひえしまよしひろ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

ILOVE くまもと

2012.02.23更新

震災の傷あとを癒やし安全・安心のくまもとで生きる

菊池真人(きくちまひと)さん 良子(りょうこ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

ILOVE くまもと

2012.01.26更新

暮らしに根ざした“道具”としての竹細工を作る“職人”でありたい

井上克彦(いのうえかつひこ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

ILOVE くまもと

2011.12.22更新

南阿蘇には魅力がいっぱい!訪れてその魅力に触れてほしい。

豊田希(とよだのぞみ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.09.29更新

“尺アユ”を育む“宝の川”清流・川辺川に魅せられて

井上則義(いのうえのりよし)さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.09.01更新

暮らしに向き合える場所を求めて町屋は理想の住まいのスタイル

池田秀紀(いけだひでのり)さん 菜衣子(さいこ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.08.04更新

上天草の食材でおいしい料理を。夢は大きく「世界に日本の食を広げたい!」

上天草市でシェフを務める、福岡県出身の立石貴嗣(たていしたかし)さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.06.16更新

田舎“ならでは”の気取らない人の温かさが大好きです。

三重県から八代市二見(ふたみ)に移り住み、農業を営む羽多野久予さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.05.26更新

天草の人の温かさと 優しさに支えられて夢を実現

3年前、千葉県から天草市有明町に移住した荒毛俊哉さん・君代さんご夫妻をご紹介します。

>> この記事を読む

特集

2011.04.21更新

南阿蘇の好きなところは 四季折々に表情を変える谷の自然と人の温かさです。

南阿蘇鉄道・長陽駅でカフェを営み、“駅長”も務める久永操さんをご紹介します。

>> この記事を読む