天草の人の温かさと 優しさに支えられて夢を実現
 荒毛俊哉(あらけ としや)さん・君代(きみよ)さん
cap01

立石さんとギャエルさん。今は、2人でお店を切り盛り。

 上天草市大矢野町の国道266号沿いに立つ書店の一角にある「SOPHI’S KITCHEN(ソフィーズキッチン」は、クレープやピザ、ガレットなどヨーロッパ料理を提供するレストラン。ここでシェフを務めるのが、立石貴嗣さんです。福岡県出身の立石さんが上天草市に来たのは4年前。上天草出身の友人と、居酒屋を開くためでした。持ち前の料理の腕前とセンスを生かして、全国各地で飲食店のプロデュースやホテル、旅館の経営に携わっていた立石さんは、居酒屋経営でも手腕を発揮し、すぐにお店は軌道に乗り始めました。そんなとき、「SOPHI’S KITCHEN(ソフィーズキッチン」の当時のオーナーとその相棒ギャエルさんに出会います。

cap02

書店内の一角にある「SOPHI’S KITCHEN」。行楽に訪れる子ども連れのファミリーのほか、気軽に立ち寄る地元の人も多い。

 二人は立石さんの作る料理のファンで立石さんのお店の常連客。間もなく立石さんはオーナーから、ロンドンにある本店でシェフをやってみないか、と持ち掛けられました。「いつも新しいことにチャレンジ」がモットーの立石さんは、しばらくの間、上天草を離れロンドンで腕を磨くことを決意したのです。
 初め言葉が通じず苦労した立石さんですが、その人柄もあって次第に周りとも打ち解けたそう。しかし、大都会ロンドンの生活には、上天草のように自然の中でのんびりと時間が過ぎていくような感覚はありません。次第に、文化の違いだけでなく、お客さんを迎えるおもてなしの姿勢の違いも感じ始めました。そして、立石さんは、「上天草のような環境の下、お客さんに自分の料理をおいしく楽しく食べてほしい」と上天草での生活に思いを馳せるようになります。

cap03

摘みたてのバジル。缶詰や加工品を使わない立石さんの料理に自然の香りを添える。写真はそんなバジルと魚介たっぷりのペスカトーレ。ここで味わえるのは、素材の良さを生かした料理ばかり。

 立石さんのロンドン生活が半年ほど過ぎたころ、オーナーが上天草を離れることが決まり、その代わりに立石さんが上天草に戻って「SOPHI’S KITCHEN」のシェフを務めることになりました。
 こうして再び上天草でのゆっくりとした日々が始まりました。「一歩外に出ると誰かに会ってついつい立ち話が長くなったり、車に乗っていてもすれ違う車々に手を上げてあいさつしたり。居酒屋時代のつながりもあってここではみんな知り合いなんです」と話す立石さん。立石さん専用のバジル畑を作ってくれたハーブ農家の方もいます。「町の人たちは人情味あふれる優しい方ばかり。皆さん協力してくれて、本当にありがたいですね」と、摘んできたばかりのバジルを持つ立石さんは満面の笑みを浮かべます。

cap02

この2階建ての赤いロンドンバスを使ったレストランをオープンさせるために、環境整備に日々奮闘中。

 地元の人に、一度通り過ぎた後に「やっぱり寄って行こう!」とわざわざ引き返す人もいるほど愛されている「SOPHI’S KITCHEN」。「やっぱりお客様に喜んでもらえるのが、一番うれしいですね。料理はソースからパスタ麺まですべて手作り。天草は食材がおいしいから、魚介類をはじめ材料はほとんどが地のもの。野菜も生産者の顔が分かるものを使うようにしています」。
 現在の目標は、2階建てのロンドンバスを利用し、レストランをオープンさせること。上天草を離れたオーナーの夢でもありました。「バスレストランで上天草の食材を使ったおいしい料理をたくさんの人に楽しみながら食べてほしい。いずれは世界に日本の食のおいしさを広げていきたい」と、立石さんの夢はどんどん広がっています。

取材ノート

熊本就労支援・UIターン

熊本県移住・定住ポータルサイト

立石貴嗣さん

SOPHI’S KITCHEN
熊本県上天草市大矢野町上1497-1
TEL 080-4278-6148

上天草市総務企画部企画政策課
TEL 0964-56-1111

過去記事一覧

ILOVE くまもと

2012.03.22更新

“縁”に感謝 南関町で過ごす日常が私の原動力 NEW!

稗島寛浩(ひえしまよしひろ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

ILOVE くまもと

2012.02.23更新

震災の傷あとを癒やし安全・安心のくまもとで生きる

菊池真人(きくちまひと)さん 良子(りょうこ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

ILOVE くまもと

2012.01.26更新

暮らしに根ざした“道具”としての竹細工を作る“職人”でありたい

井上克彦(いのうえかつひこ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

ILOVE くまもと

2011.12.22更新

南阿蘇には魅力がいっぱい!訪れてその魅力に触れてほしい。

豊田希(とよだのぞみ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.09.29更新

“尺アユ”を育む“宝の川”清流・川辺川に魅せられて

井上則義(いのうえのりよし)さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.09.01更新

暮らしに向き合える場所を求めて町屋は理想の住まいのスタイル

池田秀紀(いけだひでのり)さん 菜衣子(さいこ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.08.04更新

上天草の食材でおいしい料理を。夢は大きく「世界に日本の食を広げたい!」

上天草市でシェフを務める、福岡県出身の立石貴嗣(たていしたかし)さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.06.16更新

田舎“ならでは”の気取らない人の温かさが大好きです。

三重県から八代市二見(ふたみ)に移り住み、農業を営む羽多野久予さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.05.26更新

天草の人の温かさと 優しさに支えられて夢を実現

3年前、千葉県から天草市有明町に移住した荒毛俊哉さん・君代さんご夫妻をご紹介します。

>> この記事を読む

特集

2011.04.21更新

南阿蘇の好きなところは 四季折々に表情を変える谷の自然と人の温かさです。

南阿蘇鉄道・長陽駅でカフェを営み、“駅長”も務める久永操さんをご紹介します。

>> この記事を読む