暮らしに向き合える場所を求めて町屋は理想の住まいのスタイル
「はな阿蘇美」の「農村バイキングレストラン」には、あか牛や採れたての新鮮野菜を使用した料理がズラリと並ぶ。もちろん大橋さんが作るデザートの種類も豊富!

「はな阿蘇美」の「農村バイキングレストラン」には、あか牛や採れたて野菜を使用した料理がズラリと並ぶ。大橋さんが作るデザートの種類も豊富!

 阿蘇市にある「はな阿蘇美」でパティシエを務める岩手県出身の大橋壮史さん。大学卒業後サラリーマンをしていた大橋さんは、流れるように過ぎていく日々にふと疑問を感じ、旅に出ることを決めました。行き先は九州。まずは友人がいる熊本を訪ねることにしたのです。
 それから阿蘇で暮らし始めてはや6年。阿蘇で暮らすきっかけとなったのは、そこで出会った人だったといいます。経験のないお菓子作りをはじめたのも、出会った人との縁。「まだまだ勉強中です」と話しながらも、お客さんに喜んでもらいたいと、阿蘇の食材を使った“阿蘇らしいお菓子”の開発にチャレンジ中です。

レストランでいただくことができる人気のシフォンケーキは、レストラン横のショップコーナーでも販売中。
仕事をするのが大好きだという大橋さん。「次は何を作ろうかなと考えているときが、一番楽しいですね」と話す。
 友人を頼りに、初めて熊本に降り立った大橋さん。放牧されている牛の姿や自然を目の当たりにして、岩手と似ているなと感じつつ、その木々の緑の濃さに驚いたといいます。阿蘇観光を楽しんだ後、その日は阿蘇市にある旅人たちが集まるライダーハウスに宿泊。ここに一つ目の出会いがありました。
 仕事をしながら旅を続けていきたいと考えていた大橋さんに、「いつでも仕事は紹介するよ」と声を掛けてくれたのはこのライダーハウスのオーナー・吉澤寿康さん。吉澤さん自身も旅の途中で立ち寄った阿蘇に魅了され、移住を決意した人であり、大橋さんの“旅をしたい”という気持ちを理解してくれる人でした。吉澤さんが紹介してくれた仕事が、阿蘇市内にある洋菓子店。はじめは次の旅の資金を用意するためのアルバイトのつもりでしたが、次第にお菓子作りの面白さを実感し始めたと大橋さんは語ります。自分の手から“もの”を作り出すことやそれを食べてくれる人々の笑顔に触れる喜びを知り、アルバイトではなくパティシエとして修行することを決意。ここから大橋さんのパティシエ人生が始まるのです。

 洋菓子店で修行をはじめて数年、二つ目の大切な出会いが訪れます。それは、「はな阿蘇美」の現在のオーナー・中山謙吾さんとの出会いでした。あるとき、中山さんから飛び出した何気ない言葉に大橋さんはハッとしました。「人生ひまつぶしだけんね。常にやりたいことばせんとあかん(しないといけない)」。実は大橋さんも同じことをいつも感じていて、この言葉を聞いたときにはとても感動したそうです。その後中山さんとの親交が深まり、パティシエを探していた「はな阿蘇美」で働くことになりました。「いつ何が起きるか分からないからこそ、今を大切に生きたい。常に新しいこと、やりたいことにチャレンジしたい」という大橋さんは、自分と同じ考えを持っていた中山さんのことを“親のような存在だ”と話します。

現在「はな阿蘇美」では、「秋のバラ祭り」を開催中です。ピンクや赤、黄色などさまざまなバラを楽しむことができます。

現在「はな阿蘇美」では、「秋のバラ祭り」を開催中です。
ピンクや赤、黄色などさまざまなバラを楽しむことができます。
>> はな阿蘇美

 熊本の人々の気質も好きだという大橋さん。「熊本の人たちは、必ず約束を守りますよね。『また来るね』という言葉は、社交辞令ではないんです。あのときの約束なんだけど…と電話がかかってくることも少なくありません。そんな“熊本気質”がぼくは好きです」。東北の岩手と九州の熊本では、気候も環境も、言葉も習慣も異なります。それでも困ったことは、言葉の違いぐらいだそうです。「お菓子を作るときの配合を、後輩から『どしことどしこですか?』と聞かれたときはなんと言っているのか分かりませんでした」というエピソードも今では笑い話の一つとなりました。

 大橋さんは「こだわりはありません」といいながらも、阿蘇名物の高菜を入れたシフォンケーキやバラを使ったロールケーキなど、阿蘇らしく、「はな阿蘇美」らしいさまざまなスイーツを作り出しています。「作ってはお客さんの反応を見て、材料の調合を変えてみたり、レシピをアレンジしてみたり。試行錯誤してお菓子作りをするのが楽しいですね」と話す大橋さんの目はキラキラとしています。いつかは独立したいとの夢もあり、日々奮闘中。「独立するからには、地元の人やお客さんに喜んでもらえるようなものをつくりたい。今はまだ勉強中です!」と話す大橋さんは、今日も生き生きとした姿で厨房(ちゅうぼう)に立っています。

取材ノート

熊本就労支援・UIターン

熊本県移住・定住ポータルサイト

大橋壮史さん

過去記事一覧

ILOVE くまもと

2012.03.22更新

“縁”に感謝 南関町で過ごす日常が私の原動力 NEW!

稗島寛浩(ひえしまよしひろ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

ILOVE くまもと

2012.02.23更新

震災の傷あとを癒やし安全・安心のくまもとで生きる

菊池真人(きくちまひと)さん 良子(りょうこ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

ILOVE くまもと

2012.01.26更新

暮らしに根ざした“道具”としての竹細工を作る“職人”でありたい

井上克彦(いのうえかつひこ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

ILOVE くまもと

2011.12.22更新

南阿蘇には魅力がいっぱい!訪れてその魅力に触れてほしい。

豊田希(とよだのぞみ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.09.29更新

“尺アユ”を育む“宝の川”清流・川辺川に魅せられて

井上則義(いのうえのりよし)さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.09.01更新

暮らしに向き合える場所を求めて町屋は理想の住まいのスタイル

池田秀紀(いけだひでのり)さん 菜衣子(さいこ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.08.04更新

上天草の食材でおいしい料理を。夢は大きく「世界に日本の食を広げたい!」

上天草市でシェフを務める、福岡県出身の立石貴嗣(たていしたかし)さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.06.16更新

田舎“ならでは”の気取らない人の温かさが大好きです。

三重県から八代市二見(ふたみ)に移り住み、農業を営む羽多野久予さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.05.26更新

天草の人の温かさと 優しさに支えられて夢を実現

3年前、千葉県から天草市有明町に移住した荒毛俊哉さん・君代さんご夫妻をご紹介します。

>> この記事を読む

特集

2011.04.21更新

南阿蘇の好きなところは 四季折々に表情を変える谷の自然と人の温かさです。

南阿蘇鉄道・長陽駅でカフェを営み、“駅長”も務める久永操さんをご紹介します。

>> この記事を読む