南阿蘇には魅力がいっぱい!訪れてその魅力に触れてほしい。
 福岡から熊本の阿蘇郡高森町に移り住んで10年の豊田希さん。渓流釣りが好きなご主人の趣味が高じたのがきっかけでした。豊田さん自身は、南阿蘇のおいしい水や酒粕、米ぬかなど自然素材からせっけんを作り、販売するお店「Ladybug」を営んでいます。「南阿蘇の一番の魅力は雄大な自然!」と話す豊田さんは、夜空にきらめく無数の星たちや、四季折々に色合いを変えていく美しい山々の風景に、毎日のように驚かされているそうです。そんな南阿蘇の魅力をもっとたくさんの人に知ってもらいたい、南阿蘇を訪れてこの自然を体感してほしいと始めたのが「南阿蘇マルシェ『てんとういち』」。地元のみんなが、自慢のものを持ち寄って販売する、いわば、南阿蘇の魅力を集めたバザールです。
豊田さんが住む高森町を含む南阿蘇には、湧水スポットが点在。水底から水が湧き出る瞬間を初めて見たときの感動は今でも忘れられないのだそう。(写真は南阿蘇村にある竹崎水源)

豊田さんは、7歳、4歳、1歳の子どもを持つお母さん。自分は経験できなかった、大自然に触れて、のびのびと育つ子ども時代を送ってほしいと話します。
豊田さんが営む「Ladybug」。現在は、県内の農家とコラボして新しいせっけんを開発中。
 祖父母が熊本で暮らしていたこともあり、豊田さんにとって熊本は幼い頃から慣れ親しんでいた場所。福岡の都会暮らしから田舎暮らしにスタイルが変わることへの不安はなく、「教科書で習ったあの、阿蘇のカルデラに囲まれて暮らせる!」と、ワクワクした気持ちの方が大きかったそうです。その一方で、高森町に移住した当初は、野菜はどこで買うのか、お米の精米はどこでするのかなど、分からないこともたくさん。そんなときに手を貸してくれたのが、当時住んでいた家の大家さんや近所の人たちでした。「はじめは、知り合いがいなかったので、寂しい気持ちもありました。でも小さな町だからこそ、みんなすぐに覚えてくれるし、気にかけてくれる。少しずつ友だちもできて、特に子どもが生まれてからはママ友も増えました」と当時を振り返ります。ママ友の中には、よそから嫁いできた人もたくさんいること、みんな、人と話す場を求めていることに気付かされたといいます。

 その頃肌の弱い子どものために始めたせっけん作りが口コミで評判になり、周囲のリクエストを受けて、作り方を教える教室を開くことに。みんなが集まると子育ての悩み相談からパン屋さん・雑貨屋さん情報までさまざまな会話が飛び交い、それまで知らなかった阿蘇の魅力を発見することにもつながったと言います。これをきっかけに豊田さんは“人と人がつながる場を作りたい”という思いをより強くしていったのです。

 その思いを込めて始めたのが「てんとういち」。採れたての農産物、手作りのパンやスイーツ、雑貨などが並びます。2011年3月にスタートして以来、11月までに3回を開催。回を重ねるごとににぎわいも増しています。「『てんとういち』は“阿蘇のいいもの”をお披露目する場。ここに来て、阿蘇の魅力をもっと知ってもらいたい。そして、ここを訪れたことをきっかけに、人と人とがつながってくれれば」と語る豊田さんの意気込みが、その笑顔に表れています。

自宅の庭先で始めた「てんとういち」も、3回目は広めの場所を借りて開催。次回は、春先に開催予定です。

取材ノート

熊本就労支援・UIターン

熊本県移住・定住ポータルサイト

豊田希さん
>> Ladybug
熊本県阿蘇郡高森町色見1453-15

過去記事一覧

ILOVE くまもと

2012.03.22更新

“縁”に感謝 南関町で過ごす日常が私の原動力 NEW!

稗島寛浩(ひえしまよしひろ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

ILOVE くまもと

2012.02.23更新

震災の傷あとを癒やし安全・安心のくまもとで生きる

菊池真人(きくちまひと)さん 良子(りょうこ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

ILOVE くまもと

2012.01.26更新

暮らしに根ざした“道具”としての竹細工を作る“職人”でありたい

井上克彦(いのうえかつひこ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

ILOVE くまもと

2011.12.22更新

南阿蘇には魅力がいっぱい!訪れてその魅力に触れてほしい。

豊田希(とよだのぞみ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.09.29更新

“尺アユ”を育む“宝の川”清流・川辺川に魅せられて

井上則義(いのうえのりよし)さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.09.01更新

暮らしに向き合える場所を求めて町屋は理想の住まいのスタイル

池田秀紀(いけだひでのり)さん 菜衣子(さいこ)さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.08.04更新

上天草の食材でおいしい料理を。夢は大きく「世界に日本の食を広げたい!」

上天草市でシェフを務める、福岡県出身の立石貴嗣(たていしたかし)さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.06.16更新

田舎“ならでは”の気取らない人の温かさが大好きです。

三重県から八代市二見(ふたみ)に移り住み、農業を営む羽多野久予さんをご紹介。

>> この記事を読む

特集

2011.05.26更新

天草の人の温かさと 優しさに支えられて夢を実現

3年前、千葉県から天草市有明町に移住した荒毛俊哉さん・君代さんご夫妻をご紹介します。

>> この記事を読む

特集

2011.04.21更新

南阿蘇の好きなところは 四季折々に表情を変える谷の自然と人の温かさです。

南阿蘇鉄道・長陽駅でカフェを営み、“駅長”も務める久永操さんをご紹介します。

>> この記事を読む