「気になる!くまもと」ロゴ

くまモンgif

TOPページ  > くまモンのくまもとしあわせクイズ!! 「阿蘇の草原」

熊本県の取り組みの基本方針「幸せ実感くまもと4カ年戦略」。
その中から“しあわせ”キーワードをピックアップ。毎月クイズとして出題します!
これまでのしあわせクイズはこちら

全モン(問)正解すると豪華プレゼントに応募できる!!

※全モン正解すると応募フォームが開きます

今回のプレセントは… あか牛(1kg)! 1名様

応募締切:5月21日(水)

阿蘇の草原には、長~い歴史があるモン。
だから「○○の草原」といわれているモン。さて、何といわれているかモン?

  • 驚きの草原
  • 千年の草原
  • くまモンの草原

答えを選ぼう!!(何度でもチャレンジできます)

正解!!

古文書にも出てくる
「千年の草原」

阿蘇の草原が正式に歴史に登場するのは、千年以上前に作られた平安時代の法律「延喜式(えんぎしき)」。その中に、阿蘇に優れた馬を生産する原野があったことが記載されています。また、それよりさらに185年前に編さんされた「日本書紀」にも、阿蘇に広大な草原が広がっていたことをうかがわせる記述があります。
このように長い間受け継がれてきた草原を、ぜひ、次の世代へと引き継いでいきたいものです。

日本一広い阿蘇の草原。毎年、春には野焼きが行われるモン。
では、野焼きをする面積は、東京ドーム何個分?

  • 約1,300個
  • 約2,300個
  • 約4,300個

答えを選ぼう!!(何度でもチャレンジできます)

不正解

正解!!

草原を守る「野焼き」

阿蘇の草原は、野焼きをしないと樹木に覆われ、ヤブや林になってしまいます。野焼きは重労働の上、常に危険と隣り合わせの大変な作業です。しかし、草原を維持するためには絶対に欠かせないものなのです。近年、野焼きは地元の人々のほか、県内外から多くのボランティアも参加して行われています。毎年野焼きを行ってきた人々の努力によって、阿蘇の草原は守られてきたのです。
野焼き後、一面真っ黒になった阿蘇の原野は、春の風物詩。やがて新しい緑が芽吹き、初夏にはまぶしいほどに輝く草原となります。

阿蘇の草原をドライブしていたら、遠くに赤い点々が見えてきたモン。
さて、この点々の正体は?

  • ウシ
  • クマ
  • ライオン

答えを選ぼう!!(何度でもチャレンジできます)

不正解

正解!!

阿蘇を代表するグルメ
「あか牛」

阿蘇の草原では、体が赤っぽい色をしたウシをよく見掛けます。これは「あか牛」といって、阿蘇の草原で放牧され、のびのびと健康に育ちます。その肉は栄養豊富な赤身部分が多く、適度な脂肪を含み、ジューシーで柔らか。和牛本来のうま味が味わえ、たくさん食べても胃もたれしにくいのもうれしいところです。
阿蘇の草原は、ほかにも地下水を涵養したり、希少な動植物を守ったりと、さまざまな役割を果たしています。もちろん観光もその一つ。景観の美しさはもちろん、最近ではアウトドア施設も充実。
カルデラ内にあるフレンドヴィレッジ南阿蘇村では、トレッキングやキャニオニング、川釣りなど、さまざまなアクティビティを満喫できます。楽しみ方いろいろの阿蘇「千年の草原」に、ぜひお越しください!
>>フレンドヴィレッジ 南阿蘇村

※このクイズへの応募は締め切りました

不正解