くまもとのがんばろうとありがとうvol.2
「くまもとげんプロジェクト」

平成28年熊本地震において、被災した子どもたちは心に大きなストレスを抱えています。
また、今もなお避難所生活を続けている方々も大勢いらっしゃいます。
そこで、県林業振興課くまもと木材利活用推進班木材利用チームでは、
被災した子どもたちの笑顔を取り戻すため、県産木製遊具の貸し出しを実施しています。

本震後に開始した、「くまもとげん木プロジェクト」。被災した子どもたちに「県産木製遊具で遊んでもらって、ストレスを緩和させたい!」と震災後に間もなく立ち上げた取り組みだモン!
通常、遊具の貸し出しは保育所や幼稚園などに対して行っているモン。でも、今回の地震で被災した子どもたちに遊んでもらい、元気を取り戻してほしいという思いから、SNSで発信して、避難所や復興支援イベントにも貸し出しを行うことにしたモン!
「くまもとげん木プロジェクト」の活動に賛同してくださった県内の製材所や木材に関わる業者さんの協力のもと、県保有の遊具に加えてバラエティに富んだ遊具が、たくさん集まったモン。
避難所や保育所などに遊具を設置すると、木のい~い香りに包まれるモン!遊具は、主にスギやヒノキで作られているんだモン。
つみ木をはじめ、すべり台やメリーゴーランド、スマートボール……子どもたちは、目をキラキラさせて駆け寄り、夢中で遊んでくれているモン。
遊具を触ってみると、手触りがよく、プラスチック製品にはない優しい温もりがあるモン。そして、木にはストレスを軽減し、心身をリフレッシュさせる働きがあるといわれているんだモン。
みんなの笑顔を見られてボクも嬉しいモ~ン♪

熊本県では、「地震を経験して不安な思いをしている子どもたちのため、楽しい思い出をつくってあげたい。」「ひとときでも地震のことを忘れてもらえたら。」という願いを込めて、これからも「くまもとげんプロジェクト」を継続していきます。

木製遊具の貸し出し、お問い合わせ
熊本県林業振興課

TEL096-333-2448 FAX096-381-8710

くまもとの木づかいFacebookページアイコン