みんなが笑顔になるように、活力に満ちたまちづくりにと、県内各地で奔走する若者たちがいます。そんな“元気で明るい熊本をつくるひと”の日々をご紹介するシリーズです。今回は、阿蘇郡小国町の特産「小国杉」をはじめとする林業の分野で活躍する、3人の“林業ガールズ”をご紹介します。

林業の魅力を「伝える」ことの大切さを実感

福岡市の大濠公園近く「falò(ファロー)大濠 snowpeak shop in shop」内に、「ASO OGUNI-SUGI LAB」ブースをオープン

「道の駅 小国」内にも小国杉のブースがある。スタッフやお客様の声に耳を傾ける入交律歌さん

小国杉の皿やアロマオイルなど、オシャレにデザインした“モノ”の発信を通して、小国杉の魅力を伝える

 近年、熊本では女性の林業の担い手が増えています。「小国町森林組合」に勤める入交律歌さんもその一人。高知県で会社員の家庭に育った彼女ですが、森林だらけの日本なのに、農山村が廃れつつある現状に危機感を感じ、大学院で森林政策学を学んだのだそう。その中で「林業の良さ、大事さを外に発信できていない。広く知ってもらうことが、活性化への第一歩」と痛感。広告代理店やNPO法人に勤め「伝えるスキル」を学びました。

 そんなとき、小国町の森林組合に、全国的にも珍しい林業の企画専門部署が新設されることに。「小国町は全国的に優れた林業地だと教わっていたので、『ここに目指す道がある』と挑戦の気持ちで勤め始めました」。最初は手探りでしたが、Webサイト制作やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、動画と出版物による情報発信、イベント企画など、小国杉のブランディングと林業の魅力を伝える取り組みを、地域の関係者やクリエイターたちと次々に実践。小国杉のデザイナーズ商品を展開するブランド「ASO OGUNI-SUGI LAB(阿蘇 小国杉 ラボ)」も創設。2017年1月には福岡のアウトドアショップ内にコラボブースもオープンしました。

 「実は林業こそ、女子力が生きる仕事かも」と感じることが多いという入交さん。「女性の発想力・情報発信力・交渉力は、これまでの林業になかったもの。伐採・加工・木の買い付け・営業・企画などいろんな仕事がある中で、女子力を生かせる可能性はかなり広いと思います」。

林業ガールが熊本の林業を変える!?

燃料チップ用に伐採した木材の丈をそろえる作業を行う渕上絵美さん。真っすぐ丁寧に切る力が問われる

4kg近くあるチェーンソーが仕事の相棒。上手に扱うため、筋トレで体を鍛えているそう

「あすなろ企画」は女性の林業参加を推進する会社。現場トイレ設置など、働きやすい環境作りにも取り組んでいる

 阿蘇一帯の伐採現場で働く「株式会社 あすなろ企画」の渕上絵美さんも、そんな林業ガールの一人。事務職から伐採の仕事に転職した経歴の持ち主です。「以前、父の山仕事を手伝ったときに『森の中で働くのは、気持ちいい』と思ったのが、転職の理由」と笑顔で語ります。熊本県林業従事者育成基金による約10カ月の研修を経て、今年の4月から働き始めることに。チェーンソーを一日中抱えて働くのは決して楽ではありませんが、「女性こそできる」と日々実感しているそう。もう一人いる女性職人とともに日々頑張っています。「前だけを見て突き進む男性と比べ、女性は視野が広く細やかな気配りができます。木を丁寧に見て高い品質で仕上げる、そんな女性ならではの優しい伐採が、私たちに期待されていると思います」。

林業とは、豊かで強い森を作る仕事

「木を見る目」を養ってきた武田福栄さん。木や山に触れて知る仕事が楽しくてたまらないという

大きな機械で製材作業を行う。女性ならではの目線が木材の品質管理にも役立つ

「男らしい職場でも女子力は失わない」が信条。阿蘇で林業に携わる人々が集う「山モンcafe女子会」などで他の林業女子との交流も

 阿蘇郡高森町で製材業を営む「有限会社大栄興業 丸た製材」の4人兄妹の末娘・武田福栄さんも、会社勤めから家業に入り林業ガールとして活躍しています。「たくさんの山に入って、伐採の仕事やいろんな木をこの目で見て来ました。その経験値が私の武器」。製材作業はもちろん、山の手入れを助言したり、山主からのオーダーを受けて木の評価・伐採・製材・販売を請け負ったりと、営業やアドバイザー的な仕事も始めました。「山は間伐などの手入れをしないと、木の根が弱り荒れてしまいます。私たちの仕事は木を切ることではなく、『山や森を守り、豊かにする仕事』なんです」。

 「女性の活躍で、林業自体も注目される」と武田さんが語る一方、入交さんは「いつかは『林業女子』という言葉がなくなることが理想」と語ります。「女性も男性も同じように活躍して、『林業女子』ともてはやされなくなる頃には、林業も今とは違う注目の産業として活性化しているかもしれません」。

>>小国町森林組合
>>ASO OGUNI-SUGI LABのネットショップ
>>あその山モンcafe