週刊メールマガジン「気になる!くまもと」

トップページへバックナンバー目次

この情報は配信日現在のものです
● 第137号 (2004年2月13日)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2004年2月13日
■☆☆☆☆
■☆☆☆     くまもとの最新情報満載!
■☆☆   週刊メールマガジン「気になる!くまもと」    第137号
■☆
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■発行:熊本県■

 九州新幹線と3月13日(土)に同時開業する「肥薩おれんじ鉄道」の「イベント兼用型車両」2両が、去る10日(火)に、はるばる新潟から搬入されました。イベントや団体臨時列車として利用されるもので、オレンジ色の車体に、シンボルであるオレンジの顔を描いた車両と沿線のさまざまな観光シンボルが描かれた車両の2種類があり、いずれも鮮やかな色彩が特徴です。今月21日(土)には見学会も行われるそうで、運行開始が待ち遠しいものです。

※肥薩おれんじ鉄道の車両はこちら
http://www.hs-orange.com/sharyo.html



□□ 目次 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●達人が見た熊本
 「土の人、風の人」
 (建築家/末武純子さん)

●読者からの情報コーナー「コラよかばい!」

● くまもとウィークリー
 ▼新着情報
  ○「県からのたより」2月号を県のホームページに掲載しました
 ▼イベント&募集案内
  ○銀座熊本館で「熊本のふるさと観光と物産展」を開催します!
  ○男女共同参画地域セミナーを八代郡東陽村(とうようむら)で開催しま
   す
  ○熊本県フィランソロピーフォーラム2004参加者募集について
  ○熊本県男女共同参画審議会の委員を募集しています
  ○平成16年度熊本県立大学授業公開講座、受講生募集のご案内
  ○「愛としつけ 家庭教育フォーラム」で、家庭の役割について考えてみ
   ませんか?
  ○「水の探検隊」で水の謎を解き明かそう!
  ○「子育てほっと・ネット・くまもと」に参加しませんか?
 ▼県政広報テレビ番組のお知らせ
  〇「くまけん」(2月16日放送)
  〇「くまもと元気印」(2月17日放送)

● 武蔵を斬る!−その3−【第3回】 
  (熊本県立美術館学芸課長/大倉隆二さん)

● 地元発信!「くまもとの旬」
 「塩トマトを食べる」

◆壁紙プレゼント!
 「夕日に輝く不知火海」

◆ 熊本県人会情報

● 読者の気になる!

◆ アンケートご協力のお願い

◆ 編集室から


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


- ●達人が見た熊本●----------------------------------------------

 熊本在住の「その道の達人」が教えてくれる「今一番注目していること」。
 そんな熊本の注目情報を、週替わりで語っていただきます。
-----------------------------------------------------------------

 =「土の人、風の人」=
 (建築家/末武純子さん)

 2月1日から3日間、東京で「くまもと美味かもんフェア」が行われていた。なじみの食材が並びふるさとの香りが漂う。時は日曜日の午後、偶然顔なじみが集まる。しかしそこは新宿西口。一歩会場を出ると散り散りに、もう出会うことも難しい。そこに立ち寄る人たちは、よそから来てまたどこかへ行く風のように思える。「風の人」それに「土の人」、これは私がよく思い出す言葉だ。

 東京で、ある全国規模のアートフェスティバルに関わっている。多くの地方都市から様々な企画があがっているが、中央の有名人による客寄せに期待したりせずに堂々として地元で自立しうる企画が目を引く。これらは地元のいわば「土」の人々の積み上げてきた底力によるものだ。地元の人に導かれその叡智(えいち)を学びながらそれらに客観的な視点を投じることができるのがよそ者である「風」の人だ。「土」「風」の相互作用の効果はすばらしく、地域を越えた催しの利点でもある。

 ふるさとから離れて、風となっている人達。新宿駅の地下通路の雑踏では気の利いた言葉も見つからないが、風の独自性をどう表現したらよいだろうか。力強い「土」に対し、軽やかな「風」になるのも面白い。

※「土の人」「風の人」:
 この言葉を私が知ったのは「地元学」と呼ばれるとても有効な地域調査の手法からです。地元学は、地元の「土の人」とよそからきた「風の人」がともにその地域を歩き回り調査し地域資源を再発見するもので、水俣での取り組みが有名です。


★次のアドレスをクリックしてください。
 「地元学」について詳しくご紹介しています。
http://www.kininaru-k.jp/bns/back_doc/02132004/tatujin.html


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


- ●読者からの情報コーナー「コラよかばい!」●------------------------

 読者の皆さんからいただいた、くまもとの方言や食べ物、穴場スポットなど身近なオススメ情報を紹介するコーナーです。毎週いただいた情報の中から、編集室が選んだイチオシの情報をメールマガジンでご紹介していきます。
---------------------------------------------------------------------

●先日、水俣芦北地域へいってお昼を食べたんですが、今、九州新幹線・肥薩おれんじ鉄道開業記念でうまか丼スタンプラリーをやっていますよ。約20種類くらいのどんぶりをいろんな所で食べられて、3ケ所まわると商品券3000円が抽選で当たるそうです。ちなみに私は太刀魚丼を食べました。おいしかったです。次はしし肉丼を食べてみたいなー。(熊本/男性)


<編集室>
 ご紹介のありました「うまか丼スタンプラリー」は、九州新幹線と肥薩おれんじ鉄道の開業記念イベントの一つとして、水俣芦北地域で先行して開催されているそうです。4月11日(日)まで、15カ所の飲食店や物産館で行われています。また、このほかにも開業記念のスポーツイベントも開催されます。こちらにも、ぜひ参加してください。

※九州新幹線・肥薩おれんじ鉄道開業記念スポーツイベントのホームページ
http://www.sh-event.com/


※「コラよかばい!」への情報を募集しています!ご意見を寄せていただいた方の中から抽選で、昭和21年からの熊本県の歩みが分かるポケット年表「県政タイムトラベル」をプレゼントします。
 情報はこちらからお寄せください。
http://www.kininaru-k.jp/toukou/index.html


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

- ●くまもとウィークリー● ------------------------------------------

 熊本県からの最新情報をお届けするコーナーです。
 アドレスが記載されている記事は、詳細な内容などをウェブサイトでご覧いただけます。
---------------------------------------------------------------------

▼新着情報

○「県からのたより」2月号を県のホームページに掲載しました

 偶数月に県内の全世帯へお届けしている広報誌「県からのたより」を、県のホームページでもご覧いただけます。2月号では、「九州新幹線・肥薩おれんじ鉄道の開業」などについて紹介しています。
http://www.pref.kumamoto.jp/public_pr/magazine/tayori/2004/0126/index.html


▼イベント&募集案内

○銀座熊本館で「熊本のふるさと観光と物産展」を開催します!

 「阿蘇の高原味便りin銀座熊本館」と題して、阿蘇地域12町村からえりすぐった特産品が登場。おなじみの高菜漬け、馬肉やあか牛の加工品のほか、人気のトマトジュース、ジャージー牛乳加工品など約70点がそろいます。期間中は、1,000円以上お買い上げの方、毎日先着50名様に「阿蘇高菜漬け」もプレゼント。ぜひ、皆さんでお越しください!
期間:2月17日(火)〜22日(日)
時間:10:00〜19:00
場所:銀座熊本館(東京都)
TEL 03−3572−5022
http://www.kumamotokan.or.jp/


○男女共同参画地域セミナーを八代郡東陽村(とうようむら)で開催します

 男女がそれぞれの個性と能力を発揮できる男女共同参画社会について、講演会や東陽中学校の生徒による子ども討論会を通して考えます。当日は先着150名様に「手づくりしょうが菓子」をプレゼント。参加は無料です。
日時:2月14日(土)
   12:50〜 (12:30開場)
場所:東陽村総合文化スポーツセンター(八代郡東陽村)
http://www.pref.kumamoto.jp/asp/mag_news.asp?i_news_no=5137


○熊本県フィランソロピーフォーラム2004参加者募集について

 フィランソロピーとは「人間愛」を意味し、「企業の社会貢献」活動を表す言葉として用いられています。今回のフォーラムでは、基調講演や県内企業などの社会貢献活動実績報告のほか、NPO・ボランティアの活動をパネルなどで紹介します。ぜひ、ご参加ください。
日時:2月18日(水)
   15:00〜17:30
場所:くまもと県民交流館パレア・パレアホール(熊本市)
http://www.pref.kumamoto.jp/shakaisanka/news/ne_event.asp?SeqNo=323&InfoCode=5


○熊本県男女共同参画審議会の委員を募集しています

 男女共同参画社会づくりに理解と意欲をお持ちの方で、県の男女共同参画社会づくり施策に建設的な意見を述べていただける方を募集しています。
募集締切:2月25日(水)
http://www.pref.kumamoto.jp/asp/mag_news.asp?i_news_no=5129


○平成16年度熊本県立大学授業公開講座、受講生募集のご案内

 熊本県立大学では、大学の正規の授業を公開し、学生と一緒に学んでいただく授業公開講座を実施しています。今回は、語学、環境関連、行政学など、93講座を開講する予定です。
募集締切:2月27日(金)
http://www.pu-kumamoto.ac.jp/hodo/


○「愛としつけ 家庭教育フォーラム」で、家庭の役割について考えてみませんか?

 エッセイスト水間摩遊美さんの講演やパネルディスカッションを通して、家庭教育の重要性や家庭の役割などについて学びます。参加は無料ですが、事前に申し込みが必要です。先着順で託児も受け付けます。
日時:2月28日(土)
   13:00〜16:30
場所:くまもと県民交流館パレア・パレアホール(熊本市)
(問)熊本県社会教育課
TEL 096−383−1111(内線6694)


○「水の探検隊」で水の謎を解き明かそう!

 「水道の水はどこから来ているの?」「使った水はどこへ行くの?」。そんな疑問を、水源地やリサイクルに取り組む工場などを見学して解決していきます。参加は無料ですが、事前に申し込みが必要です(先着順)。親子でのご参加を歓迎します。
日時:3月13日(土)
   8:30〜15:25
場所:菊池郡大津町上水道水源地ほか
募集締切:3月8日(月)
(問)熊本県菊池地域振興局
TEL 0968−25−4111(内線391)


○「子育てほっと・ネット・くまもと」に参加しませんか?

 地域での子育て支援策について理解を深めていただくため、講演会と実践発表会を開催します。参加は無料で託児もありますが、事前に申し込みが必要です。
日時:3月10日(水)
   10:00〜15:45
場所:熊本テルサ テルサホール(熊本市)
http://www.pref.kumamoto.jp/asp/mag_news.asp?i_news_no=5122


▼県政広報テレビ番組のお知らせ

○KAB「くまけん」(字幕入り)
 (毎週月曜日 19:54〜20:00)

【2月16日の放送内容】
・「環境ツーリズム人材育成講座」

 水俣芦北地域を「環境学習の拠点」として整備し、環境学習や自然体験型プログラムのレベルの高いガイドやインストラクターを育てていこうという取り組みを紹介。

これまでの放送内容はこちら
http://www.kab.co.jp/kumaken/


○TKU「くまもと元気印」(手話入り)
 (毎週火曜日 21:54〜22:00)

【2月17日の放送内容】
・「プロジェクト竹取 〜竹の需要拡大を目指して〜」

 竹の有効利用や需要拡大に取り組む上益城郡の御船町(みふねまち)竹振興会の活動を紹介。

これまでの放送内容はこちら
http://www.tku.co.jp/webland/programs/genkijirushi/index.html


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


- ●武蔵を斬る!● ------------------------------------------------

 武蔵と熊本、自分との関わりについて、武蔵研究の第一人者の皆さんに語っていただく連載エッセイで、隔週で掲載しています。小説家の童門冬二さん、財団法人島田美術館館長の島田真祐さんに続き、三人目に登場するのは、熊本県立美術館学芸課長の大倉隆二さんです。
-----------------------------------------------------------------

【宮本武蔵と私と熊本 (第3回)】
(熊本県立美術館学芸課長/大倉隆二さん)

 平成6年5月、八代市立博物館が実施した「竹田家資料調査」で、2通目の「武蔵書状」が発見された。竹田家は細川藩筆頭家老・松井家の老臣の家系で、この書状は長岡(松井)佐渡守興長に宛てたもの。当時私は同館館長として、新設館の展示資料の充実と若い学芸員の実力向上のために、市内に眠る歴史資料の発掘を積極的に進めていたところであった。
 この書状の発見は全国的に話題を呼び、間もなく故丸岡宗男氏も調査・鑑定のために八代に来られた。この書状が本物であると鑑定されたのは勿論だが、更に氏は、私たちに武蔵関係資料の収集と資料集の刊行を強く勧められた。
 かくて再び武蔵とつきあうことになり、休日を利用して資料収集のため所蔵家、図書館、美術館等を訪ねるようになった。同館学芸員の山崎摂さんが献身的に応援してくれたのはありがたかった。

※第139号(2月27日配信)に続く

★次のアドレスをクリックしてください。
 大倉隆二さんのプロフィルなどをご紹介しています。
http://www.kininaru-k.jp/bns/back_doc/012004/ookura.html

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


- ●地元発信!「くまもとの旬」●-------------------------------------

 地元に住んでいるからこそ知っている、“今ならこれが一番!”という観光 情報や食べ物などの旬の情報をご紹介するコーナーです。
 今回は、「塩トマト」についてご紹介します。
---------------------------------------------------------------------

【塩トマトを食べる】

 「塩トマト」。塩といっても塩辛いトマトではありません。小ぶりで甘いトマトです。このトマトが育つのは、八代平野など不知火(しらぬひ)海沿いの干拓地。かつては海だったところで、土をなめると(本当になめたらよくないけど)塩辛い味がするほど、塩分を含んだ土地だったそうです。今では、改良が進んで、そんなことはありませんが、今でもこの土地にビニールハウスを建てると、場所によっては、地面から塩がうっすらと結晶することもあるそうです。
 こんな土地は塩分が多いため、トマトの実はあまり大きく育ちません。でも、トマトが一生懸命根を伸ばし、葉を広げ、養分を少しでもたくさん吸収できるよう頑張るので、甘みやうまみ、養分がぎゅっと凝縮したおいしくて甘いトマトになるんです。取れたてをがぶっと食べるとまるで果物みたいな甘さで、いくつでも食べられます。生はもちろんですが、料理に使うと、豊富に含まれる栄養素リコピンを目いっぱい引き出すことができるんだそうですよ。リコピンは生活習慣病予防に最適なんだとか。もったいないと思わずに、今夜は塩トマトであったかーいトマト料理を作りましょう!(八代市・宮田俊美さん)


★次のアドレスをクリックしてください。
 塩トマトを使ったトマトソースの作り方についてご紹介しています。
http://www.kininaru-k.jp/bns/back_doc/02132004/syun.html


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


- ◆壁紙プレゼント! ◆ -------------------------------------------

 熊本の美しい自然風景を写した壁紙を、読者の皆さんにプレゼント!
 毎月、その季節にもっともきれいな熊本の自然を壁紙にしてお届けします。撮影は、「達人が見た熊本」にもご登場いただいている写真家の長野良市さんです。
---------------------------------------------------------------------

※2月:夕日に輝く不知火海(宇土市)

 干潟が続く不知火海は夕日の名所。四季折々で、さまざまな夕暮れの風景を見せてくれます。冬の夕暮れは、澄みきった空気に鋭く金色の光りが差し込み、波が作る砂の紋様を浮かび上がらせます。


※ダウンロードはこちらから!
読者限定のプレゼントになっています。


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


- ◆熊本県人会情報◆ -----------------------------------------------

 各地にある熊本県人会の連絡先やお知らせなどの情報をご紹介しています。
 また、ここに掲載したいお知らせなどがあればお寄せください。随時ご紹介していきます。


※「熊本県人会情報」はこちらから!
http://www.kininaru-k.jp/kenjinkai/kenjinkai.html

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


- ●読者の気になる!● -----------------------------------------------

 「気になる! くまもと」アンケートにお寄せいただいたご意見・ご感想をご紹介しています。
---------------------------------------------------------------------

○早くも2月。熊本の知人によると熊本市内の植木市が始まっているとか。春の足音は近づいているのですね。こちら、茨城はまだまだ寒かとです。4月初旬には帰熊します。楽しみです。一心行の桜が咲いていれば良いですけど。桜の名所を紹介して欲しいです。(茨城/茨城のモッコス)
・・・・その他のご意見などは、次のアドレスに掲載しています。

http://www.kininaru-k.jp/anc/bns_ans/ancnew.html


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


- ◆アンケートご協力のお願い ◆ ------------------------------------

 ご協力いただいた方の中から、抽選で3名様に、熊本の「気になる!プレゼント」が当たります。
 2月のプレゼントは、道の駅「有明」で人気の「タコめしの素」です。 回答いただいたアンケートは、今後の編集の参考にさせていただくとともに、「読者の気になる!」のコーナーで紹介させていただく場合があります。

※ご応募はこちらから!
http://www.kininaru-k.jp/anc/index.html


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


- ◆編集室から◆ -----------------------------------------------

 この春小学校に入学する長男のランドセルを、先日買いに行きました。真剣な顔のお父さん、お母さん、またおじいちゃん、おばあちゃんなど家族連れで、店はごった返していました。色、形など最近のランドセルの種類の多さに戸惑いながらも、真新しいランドセルに、学用品と一緒にたくさんの夢と希望を詰めた新一年生の姿が目に浮かんできました。(三児のパパ)


※前回配信の第136号の冒頭で、「北野大(まさる)さん」を「北野大(ひろし)さん」と誤って記載していました。訂正のうえおわび申し上げます。
 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

[登録]        http://www.kininaru-k.jp/
[バックナンバー]   http://www.kininaru-k.jp/bns/back_mail/index.html
[登録の解除]     http://www.kininaru-k.jp/reg.html
[お問い合わせ]    kouhou@pref.kumamoto.lg.jp
[企画・発行]    熊本県広報課 熊本市水前寺6丁目18番1号
          TEL: (096)385-2096 FAX: (096)386-2040
         熊本県ホームページ: http://www.pref.kumamoto.jp/
 Copyright(c)熊本県    掲載記事の無断転載を禁じます

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□




パートナーシップ21くまもと 企画・発行: 熊本県広報課 運営管理: (株)談
c 2004Kumamoto Prefecture. All rights reserved. 使用条件とプライバシーについて