羽ばたけ!未来へ輝く!
くまもと明日リート #05

シニアラグビーチーム 熊惑クラブ

Share

スポーツで輝く“くまもと人”をくまモンが訪ねる「くまもと明日リート」第5回は、参加条件が40歳以上というシニアラグビーチーム「熊惑クラブ」をご紹介。毎週日曜9時30分から練習を行っている菊陽セミコンテクノパーク中央公園へ突撃したモン♪

事務局長の森本 茂樹さん、よろしくま!
今日はこんなに暑いのに、皆さん元気に練習しているモン!
(取材日は8月)

くまモン、こんにちは!
そうなんですよ、うちのメンバーは
みんなラグビーが好きでたまらない人ばかり。
雨でも台風でも練習に来ようとするんですよ(笑)。

熱中症には注意するモン★
ところで熊惑クラブ」って、変わった名前だモン。
名前の由来を教えてほしいモン♪

日本全国に40歳以上のシニアラグビーラグビー」というのがあるんです。
「論語」にある「四十にしてわず(四十而不惑)」という言葉が由来で、
「不惑ラグビー」を略して「惑ラグビー」と呼んでいます。
各地域の「惑ラグビー」チームは、
名前に「惑」の文字を入れることになっていて、

うちのチームは熊本の「熊」と合わせて「熊惑」と名乗っています。
他にも、例えば福岡県は「迷惑クラブ」、大分県は「困惑クラブ」、
長崎県は「当惑クラブ」などがありますよ。

面白いモン!
40歳から何歳まで参加できるのかモン?

年齢に上限はありませんよ!
体力が続く限り、何歳でも参加できます。

ちなみに、ラグビーパンツの色分けで、選手の年代が分かるようにしています。

左から、白=40代、黒(or紺)=50代、赤=60代(還暦の色)、黄=70代です。
現在は約50人が所属しています。
60代前後の選手が一番多いです。

紫のパンツの人もいるモン。

紫色は80代の選手です。
彼は当チームの最高齢なんですよ。
さらにその上、90代は金色になります。
金色パンツまで元気に続けたいですね。

ルールは普通のラグビーとは違うのかモン?

違うのはプレー時間くらいですね。
年代ごとにカテゴリーを分けて試合を行うのですが、
アンダー60歳は25分ハーフ、
オーバー60歳は20分ハーフで行うことが多いです。
それ以外は、通常のラグビーとルールは全く同じです!

それにしても…。激しい練習だモン。
練習は全部の年代一緒にするのかモン?

はい、みんな同じ練習を行います。
練習の内容や強度は一番若い年代に合わせて行うので、
なかなかしっかりした練習だと思いますよ。
ヘッドコーチも年齢関係なく、げきを飛ばします。
部活動や社会人チーム時代を思い出しますね(笑)。

みんな、よく付いていくモン…。

とはいえ、年長者は、体力的に厳しそうだったら
スッと抜けて、休憩します。

みんな元気とはいえ、無理は禁物ですから(笑)。

みんな、どうしてここまで「惑ラグビー」にはまるのかモン?

メンバーはラグビー経験者がほとんどです。
私も大学時代からラグビーをしていました。
学生・社会人チームでラグビーをしていた若い頃の情熱を、
また思い出して頑張れるんだと思います!

初心者で入会するメンバーもいるんですよ。
「息子がラグビーを始めて、自分も興味を持った」
「若い頃は他のスポーツをしていたけどラグビーにも憧れていた」

という人が、不惑の年齢(40歳~)になって初めてラグビーにはまるんです。
それはそれでうれしいですね。

月に一回、九州各県の「惑ラグビー」チームと
練習試合もしています。

バスで移動するので半分旅行気分ですね。
全力で試合した後は車内でワイワイ盛り上がる!
それが一番の楽しみでもあります。

男子学生の部活動みたいだモン!

年齢は重ねましたが、生涯現役!
練習も試合もいつでも本気で楽しんでいます。
4年前にイングランドで開催されたラグビーワールドカップの時も、
日本代表チームの活躍に触発されて
「自分たちも…!」と奮起したメンバーも多かったんですよ。
気持ちだけは、日本代表選手と同じです(笑)。

今年は10月に熊本で
ラグビーワールドカップ2019™の試合が開催されるから
さらに興奮しそうだモン!

はい、楽しみで仕方がありません!
実は、フランス代表チームの試合に合わせて、
フランスのシニアチームも熊本に来るんです。
彼らと親善試合を行う予定なので、
本当に楽しみですね!

選手からのメッセージ

柴田 多朗さん

熊惑クラブ会長 63歳

大学で4年間ラグビーをプレーしていました。その後、10年ほどはプレーしていなかったのですが、ラグビーの楽しさが忘れられず、40歳で「惑ラグビー」を始めました。練習はいつもハードですが、雨でも雪でも練習したくてたまらない魅力が「惑ラグビー」にはあります。40代・50代のメンバーを増やすのが目標です!

高本 和宏さん

ヘッドコーチ 55歳

ラグビー歴は高校の頃からです。少しブランクがあったのですが、仕事が一段落付いたときに知り合いに誘われ、惑ラグビーに参加しました。この年齢になっても「常に真剣に、本気で」取り組める何かがあるというのは、大きな魅力だと思います。日本でのワールドカップ開催や、その際のフランスシニアチームとの交流が楽しみです。

坂本 哲巳さん

70歳

社会人チーム時代にアゴの骨を折る大けがを負ってしまい、一度引退しました。それでもラグビーが忘れられず、60歳の時から「惑ラグビー」に参加。新しい生きがいを得ました。60歳以上が参加できるねんりんピックなどの試合も楽しいですが、試合後のアフターレセプションで、まさに「ノーサイド」の交流もまた、楽しいです。

小路 貴士さん

45歳

高校時代にラグビーをしていました。会社の先輩から「“若手”の選手がほしい」とスカウトされ、熊惑クラブに入会しました。先輩方の姿を見ていると、ラグビーは何歳になっても楽しめる競技なのだと、魅力を実感しています。上下関係なく、いろんな年代の人とプレーや遠征に行けるのが楽しいです。同年代の選手がもっと増えてほしいです!

「熊惑クラブ」の選手達も、
ワールドカップの各国代表選手と同じくらいの熱意で競技を楽しんでいるモン♪
ラグビーワールドカップ2019™を機会に、
幅広い年代にラグビーが広まってほしいモン★

写真:ラグビーのユニフォームを着たくまモン ラグビーワールドカップ2019™ 日本大会ホームページ

Data

熊惑クラブ

練習:毎週日曜 午前9時30分〜12時
菊陽セミコンテクノパーク中央公園にて

メンバー募集中!

詳しくはこちら

壁紙配布中!

壁紙ダウンロード