羽ばたけ!未来へ輝く!
くまもと明日リート #06

熊本ヴォルターズ

Share

スポーツで輝く“くまもと人”をくまモンが訪ねる「くまもと明日リート」第6回は、9月21日に4季目(2019-2020シーズン)開幕を迎えたバスケットボールBリーグで、B1昇格を目指す「熊本ヴォルターズ」をご紹介。開幕直前の公開練習にお邪魔したモン♪

アンバサダーの松永建作さん、よろしくま!
早速だけど、「アンバサダー」って、何をする人だモン?

くまモン、今日はよろしく!
アンバサダーは直訳すると「大使」のことなんだけど、
私はヴォルターズのことを知ってもらうための“PR係”です。
チームや試合のことはもちろんですが、選手1人1人の個性なども発信して、
より多くの人にヴォルターズの魅力を知ってほしいと
さまざまな活動を行っています。
ヴォルターズの選手はみんな魅力的ですよ!

それは頼もしいモン!
いろいろ教えてくまさい!

昨季はB1昇格まであと1歩だったモン…。

そうですね…。レギュラーシーズンでは西地区優勝を果たしたものの、
B1昇格がかかったプレーオフで、あと3点の差で逃してしまいました。
「今年こそは」と皆さんからの期待も大きかっただけに、悔しかったですね。

今年こそ、B1昇格!だモン。
ところで、今季はチームがガラリと変わったと聞いたモン。

そうなんです。まずは、チームの監督に当たるヘッドコーチ(HC)に、
セルビア出身のネナド・ヴチニッチ氏を招きました。
ニュージーランド代表HCを務めるなど、経験豊富な方です。

選手も新しい人が多いように見えるモン。

はい、12人のうち6人が入れ替わりました。
チームでこれだけの人数が入れ替わるのは初めてです。
熊本地震前からヴォルターズで戦っているのは、
小林慎太郎選手と中西良太選手の2人だけで、

ある程度チームとしての形が出来上がっていた昨季までと違い、
今年は一からチームを仕上げていく感じですね。

注目選手を教えてほしいモン♪

信州から移籍してきたポイントガード(PG)の石川海斗選手は、
昨季のB2プレーオフでMVPを取った注目株の一人です。

同じPGの柿内輝心選手は大学在学中から
ヴォルターズ特別指定選手としてプレーしていて、
今勢いのある若手です。

小林慎太郎選手と同じく、熊本県出身の選手でもあります!

パワーフォワードの中西良太選手は身長200cmと、
B2リーグの日本人選手の中でも
最大級の“ビッグマン”ながら、走れる選手。
昨年は日本代表も経験しています。

外国人選手と渡り合う力強いプレーが必見です。

外国人選手も全員入れ替わったモン?

そうです。ネナドHCが求めるプレーに応えられる選手を迎えました。

ドレッドヘアーが目印のボビー・ジョーンズ選手
(スモールフォワード/パワーフォワード)は
NBAでのプレー経験があり、
過去にネナドHCのもとでプレーしたことがある選手です。

ギャビン・ウェア選手(パワーフォワード/センター)は
初めての日本でのプレーの場として熊本を選んでくれました。
逆にディビッド・ウィーバー選手(パワーフォワード/センター)は
日本のリーグでのプレー経験も多い選手。
苦しい場面でのリバウンドなどで支えてくれます。

みんなとても頼もしいモン!

まだまだ注目選手はいますよ!

今季加入組でいうと、佐藤正成選手
(シューティングガード/スモールフォワード)は
ディフェンス・オフェンスどちらも頼れて
3ポイントシュートも決められるオールラウンダー。

木田貴明選手(スモールフォワード)も、
昨季までプレーしていた金沢でとても活躍していた若手選手です。

そして、これまでもチームを大いに盛り上げてきた
大黒柱である小林慎太郎選手(シューティングガード)は
左膝前十字靱帯断裂の大ケガから復帰し、
大ハッスルの活躍に期待大です!

昨季、大学4年生で特別指定選手として活躍してくれた
本村亮輔選手(シューティングガード)は、
最若手として伸び盛り。

寺下太基選手(スモールフォワード/パワーフォワード)は、
今年39歳でチーム最年長のベテラン選手。
昨季後半はケガに苦しみましたが、
今季も豊富な経験を生かしてチームを支えてくれると思います。

同じくベテランの西谷亮一選手(スモールフォワード)は、
サラリーマン経験もあるという異色の経歴の持ち主です。

なるほど、なるほど…。

くまモン「あれっ?」

あっ!?
結局、12人の選手全員を紹介してしまいましたね(笑)。
とにかく、魅力いっぱいの選手ばかりなんです!
これから選手たちの化学反応が
どう起こっていくのか、
楽しみにしていただきたいと思います。

選手紹介、サンくま★
ヘッドコーチ、選手が代わって、チームの練習の雰囲気はどう変わったのかモン?

昨季よりもさらに厳しい練習で取り組んでいます。
ネナドHCは、練習中、アップの時点から常に100%以上の
パフォーマンスを求め、求めるプレーについて
1つ1つ細かく指示を出します。

また、練習中はとても緊張感があります。
皆で声を出し合って、一気に100%までボルテージを上げて練習に励んでいます。
さらに、劣勢になっても負けないメンタル面の強さも重要と考え、
常にハードワーク&メンタルタフネスを武器に
戦えるチームを目指しています。

プレーとしては、
昨季課題だったディフェンスの安定に力を入れています。
そこからしっかり走って攻撃へと移ることができる、
“展開が早いプレー”
今のチームの持ち味になるのではないかと思います。

今年8月30日に行われたプレシーズンマッチでは、
見事勝利したモン!

昨季までB1にいたライジングゼファー福岡に71-62で勝つことができました。
特に、失点を少なく押さえられたことが大きな収穫でした!

2019-2020シーズンが楽しみだモン。
もちろん、目標はB1昇格かモン?

はい、やはり西地区優勝、B1昇格が一番の目標です。
「三度目の正直」をしっかり実現したいですね。

ただ、今季加入の石川選手もよく言っているのですが、
B1昇格がゴールではなく、昇格後もB1リーグで活躍できるような
チームづくりを見据えて頑張っていきます。

ヴォルターズの皆さんからのメッセージ

西井さん写真

ゼネラルマネージャー
西井 辰朗さん

今季はヘッドコーチ交代、さらに選手が6人入れ替えとなり、Bリーグ4季目にして新しいチームに生まれ変わったような心地です。今季、B1昇格を実現してくれる人材を世界中から探して来てくれたのが、ネナドHCです。これまで以上のハードワークを選手たちに求めています。選手たちもそれに応え、「今年こそは」という熱い思いと緊張感を持ってシーズン開幕に臨んでいます。選手の半分以上が替わったので「“推し”だった選手がいなくなった」と寂しい思いをされている方もいるかもしれません。その分、新しい選手・新しいチームのプレースタイルを楽しみに応援いただけると幸いです。プレーオフの最後の瞬間を、ファンの皆さんと笑顔で迎えられるよう、チーム選手・スタッフ一丸となって頑張っていきます!

中西選手写真

パワーフォワード/背番号:1
中西 良太選手

今季でヴォルターズ6年目です。昨季はチームの西地区優勝、個人でも日本代表入りを経験できた一方で念願だったB1昇格を果たせず、他チームへの移籍などの選択肢もありました。しかし、「ヴォルターズB1昇格を諦められない、このチームで自分の目標をしっかり成し遂げたい」との思いで今季も熊本でのプレーを決めました。昨季までチームを引っ張ってくれたキャプテンが抜け、今季はチームを引っ張るべき立場になったように思います。試合では外国人選手とのマッチアップが多いのですが、より対等に競り合えるよう全身全霊で取り組んでいるところです。ネハドHCに求められているのは、しっかりディフェンスしながら得点もとれる存在感です。新しいチームになって、ファンの皆さんは期待も不安も大きいかもしれませんが、B1昇格という最高の結果でシーズンを終えられるよう頑張ります。応援お願いします!

柿内選手写真

ポイントガード/背番号:6
柿内 輝心選手

私は和水町出身です(「日本マラソンの父」金栗四三さんと同郷です!)。ヴォルターズは、特別指定選手時代を含めて今季で4年目。新たにネハドHCのもと、ポイントガード=司令塔としての役割と責任をこれまで以上に求められているのを感じます。昨季まではディフェンスへの貢献を第一に考えていましたが、今季はオフェンスにも積極的に参加する姿勢を大事に頑張っていきたいです。私が子どもの頃は熊本にバスケットボールのプロチームはなく、大人のプレーを見られる機会はとても貴重でした。でも今はヴォルターズというプロチームが身近にあり、熊本の子どもたちのモチベーションも高まっていると思います。自分たちがしっかり活躍し、今度こそB1昇格を果たすことで、それを見た熊本の子どもたちから未来のBリーガーが生まれるよう頑張りたいと思います。

そういえば、ヴォルターズにはアンダー15や
バスケットボールスクールもあるって聞いたモン!

そうなんです!
U-15は熊本県のユース世代の
競技レベルを高めるためにつくったユースチームです。

県内の中学生を対象にトライアウトを行っていて、
ヴォルターズの下部チームとしてプロのプレーを間近に見ながら練習しています。

また、「ヴォルターズバスケットボールスクール」は、
県立体育館校、菊陽校、八代校、龍田校の4ヵ所で開いています。

小1〜小3の「スーパービギナークラス」、
小4〜小6の「ベーシッククラス」、
中学生の「ミドルクラス」

に分かれていて、スクール生募集中です。
ちなみに、私もコーチとしてスクールで子どもたちを教えています。
子どもたちのエネルギッシュなプレーや成長の速さに刺激を受ける日々です!

ヴォルターズバスケットボールスクール

熊本の子どもたちに、バスケットボールを通して
人間として成長できる環境をつくってあげたい。
そして熊本県からプロバスケットボール選手、
そして日本代表選手を輩出するためにレベルアップを図りたい。
そんな思いで子どもたちへの指導に取り組んでいます。

子どもたちの未来まで見据えた
ヴォルターズの取り組みにも注目だモン★

バスケットボールは“最も点数が入る”スポーツです。
試合を一度生で見れば、その迫力に引き込まれるはず。

できれば多くの方に試合に応援に来ていただき、
選手をより盛り上げてもらえるとうれしいです!
今季も応援よろしくお願いします!

Data

熊本ヴォルターズ

Official Website

Check

いよいよ開幕したバスケットボールBリーグ。熊本ヴォルターズは越谷アルファーズとの2連戦を終え、1勝1敗でスタートしました。全60試合を戦い抜く選手の皆さんに熱い応援をよろしくお願いします!

壁紙配布中!

壁紙ダウンロード
羽ばたけ!未来へ輝く!くまもと明日リート

バックナンバーはこちら

Back Number