KININARU! KUMAMOTO

くまもとの最新情報満載! 気になる!くまもと

会員登録

あの店の味がおうちで食べられる!熊本のテイクアウト案内

2020.05.14

丁寧に作られた
「花小町」の洋食たち

熊本市北区植木町に店を構え15年目を迎える洋食店『花小町』。ミシュランガイド熊本・大分2018特別版で、ミシュランの基準を満たした料理を提供する店として“ミシュランプレート”にも選ばれるほど、県内外のファンが多い実力派レストランだ。4月初旬よりテイクアウトをスタートさせ、店内でいただける食事と同様、オーナーシェフの本田さんが県内各地の生産者を訪ね歩いて、仕入れた野菜や肉・魚などの食材を、華やかな惣菜に仕上げている。昨年リニューアルした木造りの店内には、常時約8種類の惣菜が並び、運が良ければ土鍋で炊いたごはんや、特製かつサンドなどにも出合える。

この日は花小町の料理の中でもファンが多いハンバーグや、たっぷりのチーズが乗ったラザニア、天草産地アジの南蛮漬けなどが色鮮やかに並んだ。本田シェフは「大変な時ではありますが、生産者とタッグを組んで、みなさんの食卓での笑顔を思い浮かべながら、少しでも心温まる時間を過ごしていただけるように願っています」と話す。お手頃な価格設定(400円〜)も、本田シェフの人柄を表しているようだ。

和食洋食問わず、カウンターにズラリと並ぶ惣菜は、いずれも新鮮な熊本の食材を使った逸品ばかり。お目当ての惣菜は、オープンの11時半に足を運んで確実にゲットしよう

優しく出迎えてくれる本田シェフ。メニューは前日にInstagram「ura_komachi」にて掲載している。
いろんな惣菜があるので、「あと一品」という時はもちろん、メインディッシュから副菜までそろう頼れる存在だ。
DATA

花小町

  • [住所]熊本県熊本市北区植木町岩野266-22
  • [電話番号]096-272-3789
  • [営業時間](テイクアウト)11:30〜売り切れ次第終了
  • [定休日]火曜

異国の香り漂う
「diningspace欒時(らんどき)」のお弁当

甲佐町にある古民家を改装したダイニングカフェ。センスの良い家具や雑貨を配した店内では、食事の他にデザートも味わえる。現在はテイクアウトのみの営業となっているが、オリジナルの創作弁当が評判だ。オープン当時から、かれこれ17〜18年ほど作り続けているというお弁当は3種類。店内飲食でも人気のワンプレートランチをお弁当に詰めた“ランチbox”は内容が日替わりで600円。甲佐町特産の野菜をふんだんに使い、アジア風であったり、洋風であったりと、どこか異国の香りが漂うお弁当になっているのも『欒時』ならでは。他にも“トルティーヤ box”や“グリーンカレーbox”、予算に応じたオードブルやデザートも用意。どれも前日までの事前予約が必要だ。

この日は若鶏の唐揚げがメイン。蒸し人参とシャドークイーンのディルマスタードサラダなど、変わり種のメニューも。

DATA

diningspace欒時(らんどき)

  • [住所]熊本県上益城郡甲佐町緑町17-3
  • [電話番号]096-284-1523
  • [営業時間](テイクアウト)11:30〜15:00
  • [定休日]木曜・他不定

「花畑吟魚(はなばたぎんぎょ)こんや」渾身ののり弁当とは

熊本のブランド豚や新鮮な魚を使った逸品が、食通から愛されている熊本市中心街の居酒屋。現在は、お弁当販売をメインに切り替え営業中だが、なんでも「本気ののり弁」というのがちょっとした話題になっているそう。蓋を開けるとかなり大きめの焼き鯖が鎮座するのは一番人気の“魚のり弁”。白身魚のフライやちくわ天など、550円の値段設定を疑いたくなるほどのボリューム。おかずの下には大きな一枚海苔、さらにその下におかかが忍ばせてあり、のり弁としてのクオリティの高さがうかがえる。他にも“肉のり弁”や魚・肉の両方が楽しめる“コンビ弁当”がある。実家が天草で鮮魚店を営んでいるというオーナーならではの心意気が現れたのり弁は、お財布に優しく、心も満足する一品だ。予約無しで買えるのもありがたい。

(上)“魚のり弁”550円。お吸い物の素も付いており、残ったご飯をお茶漬け風にしていただくのも良い。
(下)銀杏北通りにある居酒屋。事前予約で”焼き鯖寿司”などの販売もしているのでこちらも注目。

DATA

花畑吟魚(はなばたぎんぎょ)こんや

  • [住所]熊本県熊本市中央区花畑町11-32ニュークリアス三駒ビル1F
  • [電話番号]096-312-3888
  • [営業時間](テイクアウト)12:00~14:00(14:00〜21:00は要予約)
  • [定休日]不定

佇まいからおいしさが伝わる
「SUMI」の台湾弁当

今年3月、菊池市の商店街に誕生した台湾料理屋『SUMI』。台湾に恋をした店主・河村(かわむら)さんが何度も現地に通い習得した台湾料理が味わえるお店だ。台湾風のおかずがぎゅっと詰まった“台湾弁当”は、その見た目からもおいしさが伝わるとたちまち評判となっている。ルーロー飯をはじめ、煮卵、厚揚げ、青菜湯葉炒めなどの台湾風の惣菜からは、台湾料理特有の香りが漂いつつも、しっかりと日本人好みの味にまとめ上げられているのが素晴らしい。その他、水餃子、湯圓(タンユェン)、肉饅頭、野菜饅頭などのテイクアウトも。台湾渡航経験者には「あの味!」と思い出させ、食べているうちに旅をしているような気分になれるのも、“SUMI弁”の魅力かもしれない。

“台湾弁当”820円。ルーロー飯、台湾風惣菜4品、漬物が入っている。前日までの予約がおすすめ。

DATA

SUMI(スミ)

  • [住所]熊本県菊池市隈府266
  • [電話番号]0968-28-9026
  • [営業時間](テイクアウト)11:30~14:00
  • [定休日]月・火曜