くまもと復興レポ MINNA-GENKI
#03 地獄温泉 青風荘

Share

創造的復興を目指すくまもと復興レポ「MINNA-GENKI」の第3回は、平成28年熊本地震、さらには地震直後に発生した土砂災害で甚大な被害を受けた「地獄温泉 青風荘」(阿蘇郡南阿蘇村)の復旧への歩みと、ようやく踏み出した新たな一歩をご紹介します。

阿蘇五岳の一つ、烏帽子岳 の山懐に湧き出る「地獄温泉」。その歴史は古く、文化5年(1808年)ごろから200年以上もの長きにわたり、湯治場 として多くの人々に愛され続けてきました。

熊本地震前の「すずめの湯」

江戸時代には、藩士しか入湯を許されなかったという格式を誇る温泉で、明治時代に建てられた本館を大切に守り継いできました。地獄温泉の名物といえば、足元からぶくぶくと源泉が湧き出る「すずめの湯」。湯船を区切って作られた“ぬるめの湯”と“熱めの湯”があり、底に沈殿する泥は美肌効果が期待されると、誰もが“にごり湯”を満喫したものです。熊本地震の前震・本震で被災したものの、それをバネに“創造的復興”をと動き出したその時に、集中豪雨で土石流が発生。地獄温泉は壊滅的な打撃を受けたのです。

Interview

河津さん写真

地獄温泉 青風荘 代表取締役副社長
河津謙二さん

温泉が生きている限り、立ち上がる

前震では大きな被害もなかったのですが、4月16日の本震で建物が損壊し、周辺の道路も崩落。宿泊客と従業員全員をヘリコプターで救助してもらった時は、ホッとしました。その時に上空から見た変わり果てた南阿蘇の風景は今も目に焼き付いています。道を探して歩き回って、ここに戻ってこれたのは4月30日のこと。耳を澄ませると「すずめの湯」の泉源からかすかな音がしました。「俺たちには温泉がある!頑張ろう」と、夏には日帰り入浴から始めようと一丸となって復旧に着手しました。しかし6月、豪雨で裏山が崩れたと村から連絡を受けて駆け付けてみると、建物まで土砂に埋もれた無残な姿に呆然と立ち尽くしました。

土砂は本館の中まで流れ込み、畳の上20センチメートルにも及んだという

(左)本館裏の書庫を解体すると古い石垣が現れた。まるで熊本城の石垣の「武者返し」のよう
(右上)土石流で埋まった後も少しずつ土砂を押しのけて湧出する泉源に、地球の息吹が感じられる
(右下)本館2階の復旧工事で壁板を剥がし、土壁も撤去。明治の職人の伝統の技を垣間見る

心身の痛みを受け止めて癒やす場に

「すずめの湯もやられたか?」と土石流を乗り越えて行ってみると、泉源から一本の湯気が立ち上っていたんです。しかし、復旧するには数年かかる。就業を待たせていた従業員に他の仕事を探してもらうように伝えた時が、一番辛かったですね。土砂を排出したり、片付けたりと、延べ3000人を超えるボランティアの皆さんの力を借りて、ようやく目標だった日帰り入浴からスタートすることができました。復興を通して、応援してくださった多くの方々とのつながりができたことが、私たちの財産。ここを訪れる人が抱いている体や心の何かしらの痛みを受け止めて、包み込んで癒やして差し上げられるようなサービスを提供していきたいですね。

復興POINT「すずめの湯」待望の再開!
“現代の和湯時”を
目指して

“和湯時”:青風荘で掲げる
復興のテーマ(造語)

  • 【和】日本ならではの
  • 【湯】湯治文化の
  • 【時】豊かな時を提供する

熊本地震からちょうど3年、2019年4月16日に「すずめの湯」が復活!新しい風を受けて次世代の地獄温泉を築くために、屋号も「清風荘 」から「青風荘 」に一新。負の記憶の“あの日”を新たな記憶に上書きしていくかのように、来年4月16日のグランドオープンを目指し、創造的復興は続きます。

再開から約2カ月の間に3000人を超える“地獄温泉ファン”が入湯。すずめの湯の太い梁や柱には、入湯客が付けた泥の手形がペタペタと踊り、「どれほどこの日を待っていたか」―利用客のその喜びが伝わってきます。

復興のテーマは「現代の“和湯時”」。誰もが混浴を楽しめるように湯浴み着 の着用を取り入れたり、冷泉をつくって古来の入浴法などを伝えるなど、日本ならではの湯治の時間を楽しんでもらいたいと、より心地よい空間づくりに余念がありません。冷泉のそばには、元従業員が届けてくれる花を大女将が毎日生けて、おもてなししています。「今も変わらず、心は一つ」―。従業員の笑顔が咲き誇る完全復活まであと1年、復興の足音は着々と近づいています。

Data

地獄温泉 青風荘

  • 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽2327
  • 電話番号:0967-67-0005

すずめの湯(立ち寄り湯)

  • 営業時間:10:00~17:00(受付16:00まで)
  • 休業日:火曜
  • 入浴料:1200円(バスタオル付)
    ※期間限定 ※要水着持参(水着がない場合は湯浴み着の販売あり)
Official Website

Info

応援しよう!
「阿蘇地獄温泉 すずめの湯復興ファンド」

地獄温泉の復興を応援しようと復興ファンドが設けられています。

阿蘇地獄温泉 すずめの湯復興ファンド

地獄温泉 すずめの湯の壁紙を配布中!

壁紙ダウンロード