くまもと復興レポ MINNA-GENKI
#07 熊本城

Share

創造的復興を目指すくまもと復興レポ「MINNA-GENKI」の第7回は、熊本県のシンボル、熊本城。平成28年熊本地震によって甚大な被害を受けましたが、この秋、外観復旧を記念して、10月5日、いよいよ特別公開第1弾がスタート。約3年半ぶりによみがえった現在の熊本城の見どころをご紹介します。

日本三名城の一つとして知られる熊本城。平成28年(2019年)の最大震度7の地震で、甚大な被害を受けました。城内の至るところの石垣が崩落し、大天守や小天守、宇土櫓などの建造物も被災。多くの人々からの支援を受けながら、復旧が進められています。

その復旧の様子は、熊本城内の二の丸公園や加藤神社から見ることができ、多くの観光客の皆さんにたくさんのエールをいただいてきました。そんな熊本城がこの秋、大天守外観の復旧工事を終え、それを記念し、10月5日から特別公開第1弾として、一部公開をスタート!3年半ぶりによみがえった「日本三名城」の勇姿を間近で見ることができるようになります!

Interview

金森光昭さん写真

熊本城総合事務所
金森 光昭さん

熊本地震直後の被災した熊本城

復旧完了を目指しながら

熊本城を復旧するにあたり、文化財的価値の保全や都市公園と調和した重要な観光資源としての早期再生、将来の災害に備える安全対策、そして震災の記憶を次世代につなげていくことを目的に、計画的な復旧を進めています。

全ての復旧が完了するのは約18年後の令和19年(2037年)度となりますが、復興のシンボル“天守閣”の早期修復を進めながら、特別公開も第1弾、2弾、3弾と公開範囲を広げながら、展開していく予定です。

特別公開

第1弾 2019年10月5日(土)~2020年3月(原則日曜・祝日限定)
第1弾ルート公開

二の丸広場の“公開エリア入口”から入園し、西出丸から工事用スロープを通り、平左衛門丸の一部や天守閣前広場までのルートを公開。
★原則、復旧工事のない日曜・祝日のみの公開となります。

第2弾 2020年春~(予定)
特別見学通路完成

これまでとは違う視点から、熊本城の被災状況や復旧工事の様子を間近で見ることができるようになり、平日も観覧可能に。

第3弾 2021年春~(予定)
天守閣完全復旧・内部公開

天守閣全体の復旧が完了し、天守閣の中も観覧できるようになります。

大天守からの展望 イメージ

熊本城天守軸組模型


特別公開 リーフレット PDF

復興POINT令和元年(2019年)10月5日(土)スタート
特別公開第1弾の見どころはここだ!

入園券の発券所は、「二の丸公園」と「城彩苑」内の「わくわく座」で購入することができます。 熊本城と併せて、「わくわく座」や「熊本博物館」を観覧したい人は、共通券を購入するとお得です。

天守閣の観覧は、二の丸公園の公開エリア入口から入園します。
城彩苑の「わくわく座」から歩いて二の丸公園にも行けますが、城彩苑から熊本城二の丸広場間を無料のシャトルバスが往復しているので、バスの利用もおすすめです。

二の丸公園に到着したら、公開エリア入口から入園します。

堀にかかる橋からは、西大手櫓門戌亥櫓を繋ぐ石垣と塀の被災状況を側面から見ることができます。

公開ルートの通路には、安全対策のために、ぐり石(石垣の裏側に詰められた小さい石)を詰めたものが設置されています。

地震によって、天守閣に通じる城の正面玄関にあたる頬当御門も広範囲にわたって崩壊しました。崩壊した石垣を撤去し、現在はそこに約70mの工事車両用のスロープが設置されています。

スロープの奥に、大天守がひょっこり見えます。

加藤神社側の左側面から見るとこのような感じです。この工事用スロープを通って、天守閣へと向かいます。

スロープを上っていくと見えてくるのが、1つめのポイント、宇土櫓です。
築城当時の姿を保っている宇土櫓は、国指定重要文化財。熊本地震で被害に見舞われ、建物の構造自体に大きな被害はみられないものの、内部は漆喰壁の剥落や床の傾きなどの大規模な修理が必要です。

スロープを上りきると現れるのが、2つめのポイント、南西面の大天守と小天守。大天守は復旧を終えていますが、

小天守の復旧の現場を間近で見ることができます。

大天守を石垣の下から見上げるとこのような感じ。地震前と変わらぬ迫力があります。

そして、石垣の横のスロープを上って、天守閣広場まで進みます。

見えてくるのは、3つ目のポイント、天守閣の正面。3年半ぶりのこの勇姿です。瓦を止めるために使用されているのは真っ白な漆喰。真新しい漆喰で、屋根が白く輝いています。側面に張られている黒漆で塗られた下見板とのコントラストは見事。築城当時を彷彿とさせます。この美しい姿は、今しか見ることができません。

まだまだ復旧中のため、天守閣広場には、工事資材などが置かれていて、天守閣を真下で見上げることはできません。

しかし、天守閣から取り外した一部や、新しく吹き替えられる瓦などを間近で見ることができるのは、この時期ならではの醍醐味といえます。

今だから見ることのできる熊本城を、ぜひお見逃しなく。

Data

熊本城

  • 熊本県熊本市中央区本丸1-1
  • 問い合わせ:熊本城総合事務所
  • 電話番号:096-352-5900


熊本城 特別公開第1弾

  • 入園料:

    高校生以上 500円、小・中学生 200円、未就学児 無料
    (熊本市内に在学する小中学生や、城主手形をお持ちの方など入園料が免除となる場合があります。)
  • 共通入園券:

    • 2館共通券(熊本城・わくわく座)
       高校生以上 600円、小・中学生 200円
    • 3館共通券(熊本城・わくわく座・熊本博物館)※熊本博物館で販売
       高校生以上 900円、小・中学生 300円
  • 公開日:

    2019年10月5日~ 日曜・祝日限定(一部平日公開あり)
  • 公開時間:

    9:00~17:00(公開初日・平日:13:00~17:00)

※詳しくはOffical Webサイトをご覧ください。

熊本城 特別公開

熊本城 大天守閣の壁紙を配布中!

壁紙ダウンロード
くまもと復興レポ MINNNA-GENKI

バックナンバーはこちら

Back Number