くまもと復興レポ MINNA-GENKI
#09 熊本転入ママの会「くまてん」

Share

創造的復興を目指すくまもと復興レポ「MINNA-GENKI」の第9回は、熊本転入ママの会「くまてん」。熊本に転入してきたママたちが縁もゆかりもない熊本で安心して子育てをするため、熊本地震後に発足した、転入ママたちの子育てサークルです。

熊本に転入してきた子育て中のママやプレママ、そして地元熊本で子育てをしてるママたち、約20名で構成される「くまてん」は、「熊本へ転入してきたママやプレママがスムーズに熊本に馴染み、まるで地元にいるような楽しい生活が送れる」をコンセプトに活動している子育てサークルです。

以前、「くまてん」メンバーの佐藤さん(写真手前右から2番目)と松下さん(写真奥左から2番目)には、「くまもとローカルフード」特集で「ついんスターの芸術ソフト&アイス」をご紹介いただきました。

「くまもとローカルフード」特集 「ついんスターの芸術ソフト&アイス」

Interview

東山さん写真

熊本転入ママの会
「くまてん」代表

東山 恵子さん

身寄りも知り合いもいない
熊本に転入
そして10カ月後に起こった
熊本地震

平成27年(2015年)6月、夫の転勤で大阪から熊本に転入してきました。
当時、子どもは1歳半。幼稚園や保育園に預けることもなく、昼間、二人だけの生活がスタートしました。
知り合いもいないので、買い物や病院などの情報を得る手段はもっぱらインターネット。しかし、子育て中の私にとって必要な情報はなかなか得られなくて・・・。
だんだんと心が不安定になっていくのが分かりました。

そんな矢先に起こった熊本地震。どこに避難したらよいのか、どこに行けば物資が手に入るのかも分かりません。唯一入ってくる情報は、夫の会社からの連絡と指示だけ。どのように行動するのが正解なのか、みんなはどのようにしているのか・・・不安でいっぱいでした。
保育園や幼稚園に属していれば、そこからの情報も入ってくるでしょうが、どこにも属していないという状態がどれだけ不安なのか、思い知ることとなりました。

安田さん写真

熊本転入ママの会
「くまてん」

安田 朋子さん

私は、熊本に引っ越して来て、半年ちょっとで地震に遭いました。
当時は、今ほど知り合いも多くおらず、頼れる人もいませんでした。
前震の夜中に当時2歳3カ月の子どもと2人で小学校へ避難したのですが、全く知り合いがいない中で、かなり心細かったのを覚えています。地震の前に、近くの地域に住む方と知り合いになっていたら、少し心持ちも違ったのかなと思います。

縁もゆかりもないママたちが
安心して子育てをできる環境を

「これから転入してくるママたちは、同じような思いをせずに安心して子育てをしてほしい」。そう思って、地震から9カ月後の2017年1月、数名の友達に声を掛け「くまてん」を発足しました。メインで活動するメンバーを「キャスト」、イベント時などにサポートしてもらうメンバーを「サポーター」と位置付け、現在は約20名が所属しています。

「くまてん」メンバーは、さまざまなキャリアを持っている人が集まった集団でもあります。なので、スキルを生かした役割分担で「できるしこ(できるだけ、できるかぎり)」を合言葉に活動しています。

復興POINT地震の経験を生かして
転入ママをサポートする
サークル!

くまてん ホームページ

転入してきた当初〝欲しい〟と思っていた熊本で暮らすために役立つ情報やイベント情報などをホームページやFacebook、Instagram、LINEなどで発信。また覚えておきたい熊本弁を紹介しています。

転入ママ、プレママが引っ越先の土地に馴染むには、お出掛けするのが一番!地域の商店や地元の人と仲良くなれるきっかけを作る子育てマップを作成。子どもにも食べさせたい安心安全な食材を使用している飲食店や、子ども用品を扱うお店など、スポットをセレクトして紹介しています。現在は、水前寺界隈のマップを制作中!

転入ママ・プレママを対象に年2回の「転入ママウェルカム会」や、お茶をしながらキャリアについて語り合う「キャリアカフェ」、地域ごとに開催する「ランチ交流会」など、独自のイベントを開催。

「転入ママウェルカム会」は年2回、転勤の多い春と秋に開催されます。今回は秋のウェルカム会におじゃましました。

朝9時、「くまてん」のメンバーたちは、それぞれの役割分担でテキパキと準備に取り掛かります。

プロジェクターをセットしたり、

司会の内容を打ち合わせたり。

参加者に用意した、子どもにも食べさせたいおやつや協賛品など約70セットを準備!

早い時間から受付には多くの参加者が並びました。

近くに住むママたち同士に友だちになってもらえるよう、住んでいる場所でグループ分け。とくに熊本市は、自治会や公民会、社会福祉協議会、防犯協会などのさまざまな地域団体の区分けが「校区」と呼ばれる小学校の学区に基づいて区分・運営されているので、同じ校区同士でつながることで生活に密着した情報を共有しやすいのです。

この日は約60名の参加があり、グループごとに子育ての情報を交換するなどして楽しみました。

会の中では、子育て中のママたちでも働きやすい職場環境が整っている「よかボス企業」4社のPRや、「くまてん」が転入ママ・プレママにおすすめしたいヨガサロン、おんぶひも、グリーンコープ、子育てサークルなどの紹介も。

「よかボス企業」とは(熊本県HP)

「ゆるキャラグランプリ2019」で第3位を獲得した「ころうくん」も登場!子どもたちは触れ合いを楽しみました。

そして絶妙なタイミングで配布された、辛子レンコン店の揚げ立て〝芋まんじゅう〟。蒸かしたサツマイモをつぶした餡を辛子レンコンと同じウコン色の衣にくぐらせて揚げたおまんじゅうです。

つぶした芋は1歳くらいから食べられるので、ママと子どもが一緒に食べられるおすすめの〝熊本おやつ〟なのだそう。ママ視点でセレクトしたおやつは大当たり!子どもたちもおいしそうに食べていました。

参加者の皆さんはLINEを交換するなど友だちに。そして、子育てに関する情報を得られたと満足して帰られました。

熊本は海も山も程よく近く、水や食べ物もおいしい!無料の施設や公園なども充実していて、ママたちにとっては子育てしやすい環境が整っています。だから、転入ママ・プレママたちには熊本を好きになってもらい、地元にいるような感覚で子育て生活を楽しんでほしいですね。
突然の転勤で熊本に越してきても大丈夫!私たちセンパイママたちがサポートします!私も3月に二人目の出産を控えていますが、心強い仲間がいるから安心です。
転入して来られたら、ぜひ気軽に「くまてん」のイベントなどに参加してみてください。そして、私たちのメンバーの一員になりませんか?大歓迎です♪

Data

転入ママの会「くまてん」

ホームページ
Facebook
Instagram
LINE

Data

「聞きなっせAI くまもとの子育て」

熊本県では、「聞きなっせAI くまもとの子育て」サービスを提供中です。
LINEの友だち登録だけでAIが24時間365日、妊娠/出産/就学未満のお子さんの子育てについてのお尋ねに回答したり、お子さんのいるご家庭への各種割引や外出をサポートしてくれる「子育て支援の店」を教えてくれます。

LINEの友達登録はこちらから

「聞きなっせAI くまもとの子育て」LINE友達登録 詳しくはこちら
くまもと復興レポ MINNNA-GENKI

バックナンバーはこちら

Back Number