熊本いま遺産
「今」しか見られない、体感できない
熊本のスポットを、「特設今遺産編集室室長」今井さんの
ピックアップで、ご紹介します!
今井 太郎(いまい たろう) 48歳
特設今遺産編集室室長。ちなみに編集室所属スタッフは1名で、今井さんのみ。家族は、妻のきょう子(45)と娘のアスカ(高校生)と、猫のナウの3人と1匹。唯一の趣味は、カメラだが、どうしてもカメラでなく写真機と言ってしまう。近頃の悩みは、メタボなお腹と、娘があまり相手にしてくれないこと。

File.5 ハートができる石橋の今

編集室長 今井 皆さま、こんにちは。
この編集室は、日進月歩元気に、進化している熊本の今を後世に残すため組織されたものであります。はい。
2016年4月に起きた熊本地震は大きな爪痕を残しましたが、そこから熊本は一歩ずつ着実に元気になっております。その様子をわたくしが写真を撮り、記録に残してまいります。
からして私は、皆さまにその編集の過程を随時ご紹介してまいりたいと存じますので、よろしくお付き合いのほどお願いいたします
m( _ _ )m
 
編集室長 今井 『それは美しい。それはハートの形をしている。心震える束の間のできごと。』
 
・・・今日も出だしから遠くにいかれているみたいですね。
編集室長 今井 またまた失礼しました。本日ご紹介する「二俣橋ふたまたばし」について思いをはせておりました。
 
そうですか。思いをはせる何かがきっとあるのですね。
編集室長 今井 そうであります。「二俣橋」がある下益城郡美里町みさとまちは、熊本県の県央に位置する、石橋のさととして知られております。はい。
 
そうなんですね。知りませんでした。
編集室長 今井 そもそも熊本県は日本でも有数の石橋の宝庫であります。なんと全国の約半数が集中しており、とりわけ美里町に多く見られるのであります。なぜか?
 
今井さん、教えてください。
 
編集室長 今井種山石工たねやまいしく」と呼ばれる石橋の技術集団がおったからですな。その昔、藤原林七ふじわらりんしちは、長崎で当時異国の技術であった眼鏡橋築造の秘伝を学び、種山村(現:八代市東陽町)に移り住んだそうであります。
そこで息子たちに知識と技術を教え、やがて彼らは、東京にある日本橋や旧二重橋をはじめ、熊本では霊台橋れいだいきょう通潤橋つうじゅんきょうなど多くの眼鏡橋を築造したんですな。
 
すごい集団ですね。
編集室長 今井 しかし、それらの熊本の石橋の多くは先の地震で被害を受けたのであります。二俣橋もその一つ。
ちなみに二俣橋は「恋人の聖地」としても知られておりますな。
 
ふたまたといいつつ恋人の・・・いえ、こちらの話です。
そもそも二俣橋って何ですか?
編集室長 今井 はい。二俣橋は、江戸時代後期に、美里町を流れる釈迦院川しゃかいんがわ津留川つるがわの合流点にL字型にかけられた全国でも珍しい兄弟橋(二俣渡ふたまたわたし二俣福良渡ふたまたふくらわたし)の総称であります。
美里町の指定文化財にも指定されておりますぞ。
 
兄弟橋ってあまり見かけないですね。それで聖地のゆえんとは?
編集室長 今井 ふむ。10月~2月頃の正午頃におよそ30分間、「二俣渡」に差し込む光が川面を照らし、アーチの描く影が神秘的なハートマークを浮かびあがらせるわけですな。これを「二俣福良渡」から見ることができるのです。
 
ロマンチック~~
編集室長 今井 今回、被害が大きかった「二俣福良渡」では、壁石の大部分が崩落し、アーチ部分にも変形や亀裂がみられました。
 
編集室長 今井 被災前の姿への復旧が求められたものの、施工の記録や資料が乏しかったため、周辺の通潤橋や霊台橋といった石橋の調査や、最新技術の3Dレーザーによる計測、学識経験者などの意見が集められ、復旧には一度解体し、積み直す方法が採用されたのであります。
 
難しい仕事が現代の石工に託されたんですね。
編集室長 今井 さようであります。そしてついに2017年11月に復旧工事が終わり通行も可能となり、同時に光のハートも復活しました。
さらに、今年には、地域活性化を目的としてつくられた「恋人の聖地観光交流賞」を受賞。「恋人の聖地 観光交流大賞2018」の観光交流大賞に選ばれ表彰されました。九州での受賞は初めてらしいですな。
 
もうすぐハートの季節がやってきますね!
周辺の見所スポットもご紹介いただけますか?
編集室長 今井 道の駅美里「佐俣さまたの湯」がおススメですな。
天然温泉施設として、休憩所、レストラン、農産物加工所、直売所などもあり、宿泊施設も完備されております。
2013年には道の駅美里「佐俣の湯」として登録され、2016年には入館者400万人を超えております。レストランでは「あか牛のステーキ丼」や「お元気だご汁御膳」が人気であります。
 
編集室長 今井 ・・・私ごとですが、以前、ハートを写真機で撮っておりますと、なんだか妻の声が聞きたくなり電話をしてみました。
 
まあ。日頃の感謝のお気持ちでも伝えられましたか?
編集室長 今井 ・・・いえ、話し中でありました。