熊本いま遺産
「今」しか見られない、体感できない
熊本のスポットを、「特設今遺産編集室室長」今井さんの
ピックアップで、ご紹介します!
今井 太郎(いまい たろう) 48歳
特設今遺産編集室室長。ちなみに編集室所属スタッフは1名で、今井さんのみ。家族は、妻のきょう子(45)と娘のアスカ(高校生)と、猫のナウの3人と1匹。唯一の趣味は、カメラだが、どうしてもカメラでなく写真機と言ってしまう。近頃の悩みは、メタボなお腹と、娘があまり相手にしてくれないこと。

File.8 健軍商店街の今

編集室長 今井 皆さま、こんにちは。
この編集室は、日進月歩元気に、進化している熊本の今を後世に残すため組織されたものであります。はい。
平成28年4月に起きた熊本地震は大きな爪痕を残しましたが、そこから熊本は一歩ずつ着実に元気になっております。その様子をわたくしが写真を撮り、記録に残してまいります。
からしてわたくしは、皆さまにその編集の過程を随時ご紹介してまいりたいと存じますので、よろしくお付き合いのほどお願いいたします
m( _ _ )m
 
編集室長 今井 今年も残すところわずかとあいなりましたな。
 
だんだん寒くもなってもきましたね。
編集室長 今井 どこか人恋しい季節であります。
わたくしなんぞの心の友は、毎晩ちびりちびりとやるぬるかんといったところでしょうか。
 
・・・安定のひとり酒ですか。なんだか暗いスタートとなりましたね。
そんな今井さん。今回はどちらをご紹介いただけるのでしょうか?
編集室長 今井 はい!気を取り直して今回は「健軍商店街」をご紹介いたしましょう。健軍商店街は熊本市東部にある商店街であります。昭和29年頃から形づくられてきた歴史がありますな。
 
高度経済成長期が始まる頃ですね。
 
編集室長 今井 「ピアクレス」という愛称でも地域の方々に親しまれております。平成4年にアーケードができて、現在は、医商連携による次世代型まちづくりを目指す商店街であります。
 
医商連携ってどんなことをされてるんですか?
 
編集室長 今井 例えば「よって館ね(よってかんね)」という休憩所があります。ここでは、血圧や体重などを測ることができるのはもちろん、薬剤師や歯科医師などが定期的に来ており、気軽に相談ができるのであります。
それだけではありませんぞ!ここでは健康体操なるものを行っており、これに参加すると、な、なんと商店街の一部のお店で使えるポイントがもらえるのであります!
 
  • 健康体操の様子
それはいいですね!まさに医商連携ですね。
健軍といえば震源地の益城町に近いですよね。
 
編集室長 今井 そうですな。距離にして5km程ですかな。
よって、熊本地震では、熊本市内の中でも大きな被害が出たエリアであります。長年地域に親しまれてきた健軍商店街も、地震によって大きな影響を受けました。
   
そうですか。具体的な被害状況を教えてください。
編集室長 今井 商店街の核となる大型のスーパーマーケットが倒壊し、
アーケードの一部が押し潰される形で大きく損壊してしまったのであります。
 
編集室長 今井 商店街全体でも大規模半壊以上の建物があったり、商店街振興組合の拠点である商店街事務所が入った建物も半壊してしまいました。
 
一部、今にも崩れそうなアーケードはテレビでもよく見ました。
編集室長 今井 周辺150m程が通行止めになったそうですな。
 
買物ができないとなると、被災時は地域の方も大変ご不便されたでしょう。
編集室長 今井 はい。震災直後は大型店舗なども閉店してしまい、多くの方が困っておられました。
そこで、商店街の方々は、ご自宅が被災し、自身も避難所や車中生活を送るという中、営業できる店から開けていこうと取り組まれたのであります。最初は10店舗程から徐々に営業を再開されたということですな。
 
編集室長 今井 地域の方はもちろん、震源地の益城町から物資を求めて来られる方のためにも、とのお気持ちが強くあられたようであります。
壊れた建物や散乱するがれきを前に、どこから手をつけていいのか皆目見当もつかない状態だったことは想像に難くないですな。そんな中でも、「困っている誰かのためにという気持ちが奮い立たせる。」そのお話に心震えましたな。
 
復旧へ向けてどのように取り組まれたのでしょうか。
編集室長 今井 先ほど申し上げたように拠点となる商店街振興組合が入っている事務所も半壊しておりました。そこで近所の喫茶店を仮事務所にするなどして、復旧へ向けてまずは復興委員会を立ち上げ、組織として復旧にあたられたようであります。
優先されたのは全壊したスーパーマーケットの解体工事やがれき撤去などですな。商店街の安全確保のために、行政と連携しながら解体撤去作業に着手されたのであります。
 
編集室長 今井 全国の商店街とのネットワークを利用し、情報を集め共有しながら補助金などの支援策の活用や、行政との交渉を行い、事業再建に向け早期に取り組まれたのであります。
 
編集室長 今井 現状を目の当たりにした多くの方が、SNSなどで情報を発信され、県内外から多くの支援も届けられたのであります。
 
情報って大事ですね。
編集室長 今井 東日本大震災を経験された東北からや、熊本市から遠い天草から炊き出しに来られるなど、支援の輪に後押しされ、復興バザーやさまざまな取り組みを通し、徐々に着実に復興へ歩み出されたのであります。
現在の商店街の復旧状況はどうですか?
編集室長 今井 商店街全体の復旧はまだ7割程とのことでしたな。
来年の2月頃には商店街事務所も再建される見通しとのことでありますし、店舗の誘致や、サービスの向上など新しいいろいろな仕掛けを展開していくようですぞ。コミュニティの担い手として、安全安心な優しい街づくりに頑張っている健軍商店街。目が離せませんな!早速出掛けてみようではありませんか!
 
今井さん、待ってください!