熊本いま遺産
「今」しか見られない、体感できない
熊本のスポットを、「特設今遺産編集室室長」今井さんの
ピックアップで、ご紹介します!
今井 太郎(いまい たろう) 48歳
特設今遺産編集室室長。ちなみに編集室所属スタッフは1名で、今井さんのみ。家族は、妻のきょう子(45)と娘のアスカ(高校生)と、猫のナウの3人と1匹。唯一の趣味は、カメラだが、どうしてもカメラでなく写真機と言ってしまう。近頃の悩みは、メタボなお腹と、娘があまり相手にしてくれないこと。

File.11 阿蘇郡西原村の今

編集室長 今井 皆さま、こんにちは。
この編集室は、日進月歩元気に、進化している熊本の今を後世に残すため組織されたものであります。はい。
2016年4月に起きた熊本地震は大きな爪痕を残しましたが、そこから熊本は一歩ずつ着実に元気になっております。その様子をわたくしが写真を撮り、記録に残してまいります。
からしてわたくしは、皆さまにその編集の過程を随時ご紹介してまいりたいと存じますので、よろしくお付き合いのほどお願いいたします
m( _ _ )m
 
編集室長 今井 ちらほらと、春の芽吹きがそこかしこ。皆さんいかがお過ごしでありましょうか。
 
今井さんこんにちは。今回はどちらをご紹介いただけますか?
編集室長 今井 こともあろうに。
 
ええっ??今井さん。どうされました?
 
編集室長 今井 長きにわたり連載してきました「熊本いま遺産」レポートも、今回が最終回の運びとなりました。
まだまだご紹介しきれぬところも多いのに、無念であります。いつかまたどこかで皆さまお会いしましょう。
 
そうでしたか。今井さん今までありがとうございました。
また会う日まで!
ま、気を取り直してはじめましょうか。
 
編集室長 今井 ・・・広大な原野、草原や湧水が織りなす水と緑のコントラスト。吹き抜ける心地よき風を受け、大きな風車が回る村のシンボル俵山。そこからは、熊本市、阿蘇の山々も一望できる・・・。
 
それってどこですか?
 
編集室長 今井 阿蘇郡西原村であります。西原村は熊本市から東方約20km、南阿蘇の玄関口に位置する村であります。阿蘇外輪山西麓に広がるなだらかな台地に位置し、俵山を中心に広大な原野と山林からなっております。
 
そうなんですね。西原村について詳しく教えてください。
編集室長 今井 そうですな。まず特産といえば、さつまいもや里芋などの栽培のほか、イチゴやトマト、メロンなどのハウス栽培が行われていますな。
 
農業がさかんなんですね。
編集室長 今井 そればかりじゃあございません。村の中心部より北には、高度技術集積都市、熊本テクノポリス計画に基づいて造られた「鳥子とりこ工業団地」「小森工業団地」が広がっております。
 
どうして西原村に工業団地が?
編集室長 今井 ふむ。空港や九州自動車道からのアクセスに恵まれていることや水がきれいなことなどがありますな。よって半導体や製菓製造など全国にネットワークを持つ企業の工場が進出しておるのであります。その一方、工業化に偏らず、地場産業である農業も成長しているのであります。
平成27年度には内閣府の経済指標ランキング(農業や製造業、村の財政力など8部門評価)で「競争力の強い村」 として日本一の評価を得ております。えっへん。
 
そうでしたか。
しかし西原村は震災の影響も大きかったと聞きました。
編集室長 今井 本題に入りましょうか。熊本地震の前震(震度6弱)と、本震(震度7)を受け、西原村は全域で大きな被害を受けました。人口の増加が着実に進んでいたのですが、今回の地震によって人口が減少し、一時は活力がなくなってしまうのではないかと心配された時期もありましたな。
 
それだけ震災の影響は大きかったのですね。
編集室長 今井 村の中を流れる布田川ふたがわは、布田川断層の名の起こりであり、断層の直上では被害の大きさも甚大なものでした。
被害はまさに村全体に及んだのであります。家屋や道路、水道施設、小中学校、消防詰所・車庫、集会所・公民館、神社仏閣などでも多数の被害があったのであります。
 
  • 震災直後(風当かざて公民館など)
  • 現在
編集室長 今井 大切畑おおぎりばた地区では、全体の88%に当たる34棟中30棟が全壊。半壊以上も含めると94%の住家が被災してしまいました。その他にも、半壊以上被災した住家が5割以上となった地区が34地区あったとのことですな。
 
これだけの甚大な被害があったとは言葉になりません。
災害廃棄物も大量だったのでしょうね。
編集室長 今井 はい。その大量な災害廃棄物は、本震後、仮置き場となっていた村民グラウンドに一時的に運ばれたのであります。
 
  • 災害廃棄物仮置場だった村民グラウンド
編集室長 今井 その後、村民グラウンドも復旧工事を行い、芝生の張り直しやフェンスの交換、駐車場の舗装のやり直しなどを行い、再び利用できるようになったのであります。
 
  • 現在
編集室長 今井 西原村を横断する主要幹線道路(県道熊本高森線)俵山トンネルルートも、大切畑大橋をはじめとして、甚大な被害を受け、西原村から南阿蘇村に至る区間で全面通行止めを余儀なくされたのであります。
 
  • 震災直後(県道熊本高森線)
  • 震災直後(大切畑大橋)
凄絶な光景ですね。今現在、どのように復興に取り組まれているのでしょうか。
編集室長 今井 復旧工事が進められた結果、道路は回復。
 
  • 現在(県道熊本高森線)
  • 現在(大切畑大橋)
編集室長 今井 2016年12月、地震から8カ月で俵山トンネルの復旧工事が完了。これは本格的な復旧・復興に向けて大きな弾みとなりました。さらに2017年12月には、俵山大橋も仮橋での通行が可能となりましたな。
ところで、俵山トンネルルートの大切畑大橋の近くにある農業用ダム「大切畑ため池」も甚大な被害を受けましたな。大量の漏水が発生していたため、ため池の水を抜く措置が取られましたが、こちらも復旧に向けての取り組みが始まり、2023年度完成、2024年度の運用を見込んでいるとのことであります。
   
  • 震災直後(大切畑ダム)
  • 現在
編集室長 今井 そして!現在も、地域の「活力」を高めるために、復興の将来像を明確にして「住みやすいむら」「訪れてみたいむら」「みんなでつくるむら」の3つ将来像を掲げ、住民・民間・行政など、一丸となって震災後のむらづくりを目指し取り組まれておるのであります。
毎年西原村で行われていた冬のイベント「冬あかり」は、震災後に、復興の明かりをともすという願いも込められたものとなりました。
 
編集室長 今井 竹とうろうにろうそくをともしたあかりが、幻想的な世界をつくるのであります。今年も2月に開催され、会場の馬頭ばとう公園には、約3,000個のキャンドルシェードがともりましたな。
 
キレイですね。・・・おや、今井さんの目にも光るものが。
編集室長 今井 最後に余談ではありますが、この間久しぶりに妻のきょう子、娘のアスカと三人みんなで夕食に行ってきました。
 
それはよかったですね。
熊本の復興とともに今井家も明るくなって・・・。
編集室長 今井 これからも復興への心の明かりをともし続け、つなげていく各地の取り組みを撮り続ける所存であります。
 
今井さんの今後のご活躍を祈念しています。
ありがとうございました!