これ食べなきゃソン!
くまもとローカルフード

#01 コバルトミルクと蜂楽饅頭[水俣市]

Share

くまもとの各地には、自然や文化、風土が育てた個性豊かなローカルフードがいっぱい。そこに暮らす人たちが愛してやまないコアな味を地元人がご紹介。第1回は、生まれも育ちも水俣市の森下誠さんが、水俣市の夏の風物詩「コバルトミルク」と、はちみつの香り豊かなあんこたっぷり「蜂楽饅頭」をご紹介します。

Profile

今回のローカルフード案内人

森下さん写真

水俣ダイビングサービスSEAHORSE
森下 誠さん

水俣生まれ水俣育ち。
全国各地から水俣を訪れる人々にダイビングを通して水俣の海の美しさ、全国屈指のタツノオトシゴの繁殖地、海藻の森など水俣の魅力を伝えている海中案内人。

蜂楽饅頭外観

水俣に遠方から来られたお客さまを必ず連れてくるのが、この「蜂楽饅頭」さんです。

「蜂楽饅頭」は、熊本市内のほかにも福岡県、鹿児島県にお店がありますが、発祥はここ水俣市なんですよ。わたしは子どものころから通っています。では、お店の中へご案内しましょう。

吉岡店長と森下さん

吉岡店長こんにちは!

森下さん、いつもありがとうございます。
ちょうどよかった、今から饅頭を焼くところなので、熱々の焼き立てをご用意できますよ!

蜂楽饅頭を焼く様子 蜂楽饅頭を焼く様子 黒あんと白あん

「蜂楽饅頭」とは、俗にいう大判焼きや回転焼きのことで、「蜂楽饅頭」が他と違うのは、生地にはちみつを使用してあること。

「蜂楽饅頭」は 焼き上がりの甘~いはちみつの香りがたまらない!そして、た~っぷりのあんこも特徴なんですよね~。

そうなんです、創業者はとにかく“おいしい生地”にこだわり、さらに「生地は薄く、あんこはたっぷり」というのがポリシーでした。なので、それを今でも守り作り続けています。

饅頭が焼き上がるまでの間に、「コバルトミルク」をお願いできますか?

※「コバルトミルク」のカップでの販売は4月から10月中旬まで。器での提供は、7月から10月中旬まで。この日は期間外でしたが、特別に器で提供していただきました。

かき氷を削る様子 コバルト色のシロップをかける様子

きた、きた、きた、きた、きた♪

「コバルトミルク」出来上がり!

はい、おまたせしました!

「コバルトミルク」を眺める森下さん

今年初の「コバルトミルク」!!!
いただきまーす!

「コバルトミルク」を食べる森下さん

コレ、コレ!夏はコレを食べなきゃ!
はちみつと練乳の甘味が優しくて、ん~~~うまっ!
子どもの頃から食べているけど、毎年飽きないな~。
うちの子どもたちも、大好きです。

壁に飾られた養蜂の写真

創業者は養蜂業もやっていたので、昭和28年(1953年)にはちみつを使った饅頭を考案、その後昭和30年(1955年)にこのかき氷が誕生したので、森下さんの生まれる前から饅頭もかき氷もあるんですよ。

蜂楽饅頭写真

森下さん、饅頭が焼き上がりましたよ!
黒あんと白あんと一個ずつ。さて、どっちが黒か白か、分かりますか?

ここの饅頭は、黒派と白派で分かれますよね。私の好みは白です♪
遠方からのお客さまを連れてきたときも、「とにかく食べてみて!」と白をおすすめしてます。みんな、白を食べると、そのおいしさにびっくりしますよ。

さて、割ってみましょう。白、白、白、白・・・

蜂楽饅頭を割ると中からは黒あんが!

黒――――!

蜂楽饅頭を食べる森下さん

んん~、この黒も小豆の風味がしっかりとしてて、おいしい♪
あんこたっぷりだけど、ペロッといっちゃいますね。

今度は白あん

では、次は、お目当ての白~♪
はい、白です♪
見てください、この白あん。とろ~~~りと軟らかく、まったりと粘りがあって、はちみつ味の薄皮との相性といったら・・・たまりませんっ!

蜂楽饅頭を食べる森下さん

「蜂楽饅頭」は、焼き立てもおいしいのですが、冷えてもおいしいので、買って帰ってさらにもう一度楽しめるところがいいんですよね。

完食!ごちそうさまでした(*’ω’*)

吉岡店長と森下さん カップ入りのお持ち帰り用「コバルトミルク」

「コバルトミルク」は、4月から10月中旬まで、お持ち帰り用としてカップで販売されています。器での提供は7月から10月中旬まで。

これから夏にかけては、水俣はとてもいい季節。海もきれいなので、ダイビングももってこい。3月に、水俣インターチェンジも開通したので、多くの人に水俣に足を運んでもらいたいですね。

Data

蜂楽饅頭 水俣本店

  • 熊本県水俣市旭町2-1-1
  • 電話番号:0966-63-2673
  • 営業時間:9:30~17:30
  • 定休日:火・金曜

蜂楽饅頭(黒・白):1個100円
コバルトミルク:店内飲食300円、
持ち帰り用250円

Topics

森下さんのもう一つのおすすめ!
「肉ののうやま」の焼き豚足

焼き豚足写真 「肉ののうやま」外観

水俣市では、多くの飲食店のメニューに焼き豚足がありますが、「肉ののうやま」さんの焼き豚足は絶品なんです。味は、シンプルな塩ベース。正午近くに店の前を通ると、店頭で豚足が焼かれているのですが、その光景と匂いがまた、いいんです。
1パック2本入り500円とリーズナブルなのもうれしい限り。ぜひ、水俣にお越しの際は、お試しください。

肉ののうやま

  • 熊本県水俣市栄町1-6-12
  • 電話番号:0966-63-1129
  • 営業時間:9:30~18:00
  • 定休日:木曜

Topics

水俣のタツノオトシゴに合いに行こう!

水俣の海には、生物がいっぱい!全国的にも珍しいタツノオトシゴの繁殖地でもあり、タツノオトシゴに合えることも。繁殖期のタツノオトシゴは2匹が重なり合ってハート型になるので、見れるとハッピー気分になれますよ。また、海藻の森や美しいクラゲのダンスも感動ものです。森下さんのガイドで海中散歩を楽しみませんか?

ダイビングイメージ写真

水俣ダイビングサービスSEAHORSE