これ食べなきゃソン!
くまもとローカルフード

#10 松龍軒の焼ぎょうざと
好来ラーメン[人吉市]

Share

くまもとの各地には、自然や文化、風土が育てた個性豊かなローカルフードがいっぱい。そこに暮らす人たちが愛してやまないコアな味を地元人がご紹介。第10回は、人吉を盛り上げるべく活動する観光ボランティア団体「相良藩 吉組」の定吉こと、住吉則昭さんが、人吉グルメの通な楽しみ方を紹介します。

Profile

今回のローカルフード案内人

相良藩 吉組(きちぐみ)主宰
定吉さん(住吉則昭さん)

人吉生まれの人吉育ち。地元で「定吉」という愛称で親しまれている観光案内人。人吉市役所に勤務していた平成18年(2006年)、国宝・青井阿蘇神社の鎮座1200年祭に携わり、神社について深く知ることに。そして、多くの人に青井阿蘇神社について知ってもらいたいとボランティアで観光案内をスタート。その後、多くの賛同者が集まり、人吉を盛り上げる観光ボランティア団体「相良藩 吉組」を設立。現在は100人以上のメンバーが「出来る人が、出来る時に、出来たシコ」を合言葉に活動中。青井阿蘇神社や人吉駅での観光案内のほか、365日、人吉市内を走る観光列車に手を振っておもてなしをしています。

相良藩 吉組のみなさん

皆さんこんにちは!定吉です!
ここは、人吉市の観光名所の一つ、国宝・青井阿蘇神社。
青井阿蘇神社は、1200年以上の歴史を誇る神社で、
国宝に指定されている5棟(本殿幣殿拝殿楼門)は見どころ満載。
人吉を訪れたら、ぜひ立ち寄っていただきたいスポットです。
今日は、この青井阿蘇神社の観覧・参拝後におすすめ、
“究極の人吉はしごグルメ”をご紹介します!

青井阿蘇神社から歩いて約8分。
やってきたのは「松龍軒」です。

大将、また来たよ!

よっ!3日ぶり!

今日も、ぎょうざ2人前とビール!

人吉市内では、ぎょうざを提供している店が多く、
「人吉ぎょうざ」として根付いています。

その中でも、
松龍軒は、焼ぎょうざ一択のぎょうざ専門店。
メニューもご覧のとおり。

ジュージュー
お~~~!

はい、おまちっ!

う~ん、この焼き色!いい感じ!

ここのタレは、
酢醤油にラー油…じゃなくて、唐辛子。

私は唐辛子多めが好みなので、備え付けので3杯入れて…
はい、タレ完成!

いただきまーす!

片面サックサクの薄皮の中には
キャベツメインの具!

何度食べても、うまいっ!

そしてここで、ビール♪ビール♪

コク、コク、コク、コク ぷっはぁ~~~

サイコー!!!

ほんっと、いつもおいしそうに食べるよねぇ。

ぷっはぁ~~~

この店がこの場所に移転する前の先代のころから、よぉ食べよった~。
この薄い皮のサクサク感と、くるっと巻かれた具のフワッと感。
こぎゃん(こんな)ぎょうざは、松龍軒でしか味わえん。
いくつでも食べられるけん、私はいつも2人前。

うちのぎょうざは、
先代の“ケチ”と“手抜き”から生まれたけんね。

ひと固まりの生地からできるだけ多くの皮を取るため、
薄く薄く伸ばしていったら、こぎゃん薄か皮になって…。
ぎょうざの具をできるだけ簡単に包もうと考え、包まずに巻くという手法。
それで、薄皮サクサク、中ふわりという食感になった。

具のキャベツは塩でもんで、漬物一歩手前くらいの状態に仕上げて、
皮で巻いた後は、冷蔵庫で皮を乾燥させて…、
こぎゃん(こんな)ぎょうざを生み出した先代は
ほんなこつ(本当に)、ぎょうざの天才ですよ。

誕生秘話ば聞いて、このうまさに改めて納得!
ごちそうさんでした!

さて、ぎょうざを堪能したら、松龍軒の店前から見えているラーメン屋にGO!
この道を真っすぐ歩いて行きますよ~。

200m歩いたら、到着~♪
人吉の人気ラーメン店
好来ラーメン」です♪

2代目大将は、御年76歳!
とってもお元気で、なにより笑顔がいい!
この店にお品書きはなし。
なぜなら、メニューはラーメンのみだから。
注文するときは、「普通」か「大盛り」かを伝えればOK。

きたきた、きたきた…。
ジャーン!黒いスープ!
う~ん、いい香り♪
このてんこ盛りシャキシャキモヤシがまた、いいんだよな~。

パラパラ

そういえばここも、松龍軒に続いて唐辛子。
人吉は、唐辛子文化なのかも?
それはともあれ、この店のラーメンには、唐辛子が合うんだよな~。
多めにかけて、いただきます!

うん、今日も相変わらずうましっ!

ここのラーメンは、見た目はこってりしてそうだけど、
ほんっと、あっさりしてますよね。

1回取りの豚骨スープはあっさり。
それに自家製の黒マー油でコクを出しています。

ゴマの香りが香ばしくて、いいでしょ?

チャーシューもうましっ!

おいしかったぁ~。
そういえば、麺も自家製でしたよね?

はい、裏の工房を見てみますか?

私は元々製麺所で働いていたので、麺も自家製なんです。
もう年なので、この麺の作り方もスープの作り方も、息子に引き継ぎました。
今は息子が主となって頑張ってくれています。

黒いスープの好来ラーメンは、今や人吉のソウルフード。
息子さんが受け継がれたということで、私たちもうれしい限りです。
ごちそうさまでした!

焼ぎょうざ一択・ラーメン一択の専門店をはしごする、
“究極の人吉はしごグルメ”、いかがでしたか?
国宝・青井阿蘇神社とともにぜひお楽しみください。

Data

松龍軒

  • 熊本県人吉市宝来町12-15
  • 電話番号:0966-22-4024
  • 営業時間:11:30~14:00、
    16:00~19:00
  • 定休日:火曜
  • ぎょうざ1人前(8個):400円

Data

好来ラーメン

  • 電話番号:0966-23-3330
  • 営業時間:11:00~19:30頃
    ※完売次第終了
  • 定休日:月曜
  • 好来ラーメン1杯:650円

Topics

定吉さんのもう一つのおすすめ
「梅と栗のピュレ&バター」

人吉・球磨地域は、梅や栗の産地。その梅と栗を使ったジャムやバターをお土産にいかがですか?人吉・球磨の夏の風物詩は、地元のお母さんたちの梅仕事。秋は栗仕事。その伝統から生まれた商品は、地元の素材を厳選し、大切に生かした風味豊かな逸品です。「町家ギャラリー立山」でお買い求めいただけますよ。

町家ギャラリー立山

  • 熊本県人吉市中青井町311
  • 電話番号:0966-24-0866
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 定休日:木曜
これ食べなきゃソン!くまもとローカルフード

バックナンバーはこちら

Back Number